現場ブログ

藤井 泰魁
屋根初水洗い
2020年7月13日(月)

屋根初水洗い!

本日は天候が悪く塗装日和ではありませんでした…。

屋根の洗浄があったので午後から行きました。

屋根の水洗いは初めてなのでやり方、手順を教わり取り組みました。

平面や小口にコケや藻が生えていたのでしっかり除去することが大事です。

コケや藻が生えているところは滑りやすいので足場を作るために先に洗い

作業できる場所を作りながら行いました。

 

 

壁とは違いコケや藻がしぶとくなかなか取れなかったですが

入念に洗い終えることができました。

ついでに軒樋の中も洗い綺麗にしてきました。

最後に周りに飛び散らかった泥などを掃除して水洗い終了です。

また機会があれば経験したいです。

川尻 龍司
梅雨
2020年7月10日(金)

連日、雨降りが続いていますね

こんなにも長く降り続いているのは久しぶりな気がします

雨だと現場にも行けず職人さんたちも会社でできる作業を進めています

そんな中、お昼頃に様子を見に行くとスプレーガンの使い方を藤井君が習いながら実践していました

考えながらテキパキと吹き付けていて、そんなところをちょっとお邪魔して撮らせてもらいました。

 

藤井君もなかなかいい経験ができたみたいで同じようにブログ更新したようなのでよかったらそっちも見てください!

 

雨で大変な所も多いですが、出来ることをやりながら頑張っていきます!

藤井 泰魁
重力式スプレーガンを使いました
2020年7月10日(金)

重力式スプレーガンを使いました!

本日は雪止め金具の色替えで重力式スプレーガンを使って塗装しました。

最初はなかなか感覚がつかめずガンの動かし方、吐出量もわからず

石井さんに教わりながらやりました。

8個…9個…とやっていくうちにだんだん感覚をつかんで

どうしたら塗料がのるのか、どうしたら見た目が綺麗になるのかが

わかるようになってきました。

細かいところから吹付し広い面をやっていく順番も意識しながらやりました。

全部で90個吹付を行いました。なかなか吹付を行う場面がないので

良い体験ができました。スプレーガンの仕組みを知るためにコンパネに

練習としていろいろなパターンや吐出量の調整を行い

円や楕円形にして吹き付けたり横に動かして試し吹付をしました。

またこのような機会があればまたやりたいです!

 

藤井 泰魁
折板屋根のビス、破風の錆止め
2020年7月4日(土)

先日折半屋根のケレンを行ってきました。

本日はひどく錆びているビス、金具、鉄骨と破風の錆止めを行ってきました。

ビス、金具、鉄骨部分にはカーボマスチック15jを使用し

しっかりと錆の部分が隠れるようにたっぷり塗ってきました。

破風はマイルドボーセイ(赤サビ)を使用し

いつものようにローラーの塗り溜まりがないように意識して塗りました。

塗っても透けてしまっては意味がないので透けないよう垂れないよう塗装しました。

溝部分は刷毛を使い塗り残しがないようにしました。

梅雨の時期でもありなかなか思うように着工できてなかったですが

天気を気にかけ1日に進めれるだけ進めて効率よく仕事ができればなと思ってます。

 

 

石井 悟
富加町 カラーベスト屋根高圧洗浄/S様邸/石井
2020年7月2日(木)

塗装する前にカラーベストの屋根を洗浄します。
苔やカビ汚れをしっかり落とし、きれいに塗装できるようにします。

川尻 龍司
梅雨の合間に増築中の自社倉庫の床塗りを行いました!
2020年7月1日(水)

梅雨の天気模様になってきました、雨の日が続きますね。

雨が降ってしうとどうしても始まっている現場も止まってしまい工期が伸びてしまうのでご不便をおかけしてしまいます

天気の事なので仕方ないと言えば仕方のない事ですが、出来る限りは工期が伸びてしまうような事は避けたいです。

雨が降ってしまうと、もちろん外壁などを塗装する事は出来ないのでこの雨降りの機会を生かして、会社に新しく建てた倉庫の床を塗装しています。

今回は塗装している所に立ち会えたのでその工程などの紹介をしたいと思います!

まずは手作業でケレン作業を行っていきます

コンクリートをケレンする目的としては粉塵や油分、塩分などを落とす事が目的みたいです。

地味な作業ですがとても重要な作業なので丁寧に行ってました!

 

次はケレン作業で出た粉塵などをブロアーを使い飛ばして綺麗にしていきます。

そのまま塗ったのではケレン作業を行った意味が半減してしまうのでこちらも丁寧に清掃していきます。

 

今回は下塗りとして『アーキフロアーEHプライマー』を使用しており

上塗りに使う『アーキフロアーEH』に適応下塗り材になります。

社長に長柄を使っての床塗装のコツを習いながら下塗りをしています。

最初は慣れない塗り方で大変そうでしたがすぐにコツをつかんでいました。

 

次の工程は上塗りになります。

『アーキフロアーEH』を使い塗装しています。

アーキフロアーEHは2液溶剤型のコンクリート床用の塗料です。

高度が高い塗膜で耐摩耗性や耐薬品性、耐油性が優れている塗料です。

工場や病院などの床によく使われています。

 

 

社長の次は石井さんに習いながら一生懸命に塗っていました。

僕が写真を撮っているのに気が付いてこちらを向いて笑ってくれました!

 

 

笑う場面もありますが、作業に入れば集中モードで塗って行きます。

『アーキフロアーEH』は仕上がると先ほど書いた通り硬い塗膜が付くので何か落としたりして汚れたとしても拭けば綺麗に拭き取れてしまうそうです。

僕も塗装後に触らせてもらったのですが、確かにしっかりした塗膜を触っても感じました。

これだけしっかりしてると埃などもサラサラと流れて行きそうなくらいでした!

 

最後は自分が逃げる場所をちゃんと確保しながら塗って行きます。

これを反対に塗っていったら足跡をつけて出ないといけない事になってしまうので、流石にしっかりしています。

 

ちょっと分かりにくいですが、最初のただのコンクリートの床とは違って綺麗な床になっていました。

灯りのある写真は次の更新までにちゃんと撮ってきます!

 

長くなりましたが今回は普段の現場では見させてもらったので勉強になりました。

 

これからも現場のことで学ぶことがあれば随時更新していきます!

平野 建吾
シーズン到来!!
2020年6月23日(火)

こんにちは。夏が一歩一歩近づいてきている暑さと、梅雨の雨のコラボレーションで蒸し暑い日々が続いていますね(;^ω^)
扇風機は常に動かしておきたいですね(笑)

前回、初の網戸張替を行いましたが、早速2回目の実技となりました。今回は前回に比べサイズが大きく、枚数も4枚と多かったため、職人さん達に助けて頂いてやりました。

網を張るのが非常に難しく、大変でしたが、やってみると楽しいものです。

既設の網を取るのですが、劣化が進んでいるとゴムチューブがボロボロでうまく取れないです。

既設を網を撤去後、新品の網を枠内に敷き、内枠内にゴムチューブを押し込んで固定していきます。この際に注意が必要なのは対角線で固定する際に、網の張り具合を確認しながらやらないといけないので難しいです。

なんとか合格点をもらう事が出来ました。枚数をこなす為、アミド営業を頑張りたいと思います。

 

 

 

目標は10枚交換なので、10枚以上はやれるように活動をしっかりやっていきたいと思いますので宜しく御願致します(*- -)(*_ _)ペコリ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【三輪チャンネルはじめました】
このたび三輪塗装の事をもっと知っていだきたくて、
動画という形で皆様に発信させていただくくことにしました。
これから塗装しようとお考えの方に、
出来る限り有益な情報をお伝えしたいと思います。

社長メッセージ動画

チャンネル登録お待ちしております!

平野 建吾
初挑戦!!
2020年6月18日(木)

こんにちは。すっかり梅雨に入り、私が行く所雨が降ると(;^ω^)

相変わらずの雨男ぶりで御座います( ノД`)シクシク…

しかし、本日は午後から雨が降り出しので、ベテラン職人さん御指導の下、網戸の張替に初挑戦しました。

既存の網の取り外し方、新しい網の張り方が難しく、なかなかキレイに張る事が出来ませんでしたが、職人さんのご指導の下何とか完成しました。

枚数こなせば、上手に張れるようになるよと、職人さんから言われたので、いっぱいやろうと思います。

来る活動に向けて、頑張って参ります。

先日、GW明けから施工していた御宅の満足度アンケートが戻ってきて、初めて営業担当者に自分の名前を書いてありました。名前を憶えて頂けて非常に感謝です。満足度を100%を頂けなかったので、これに慢心せず、常に100%を頂ける様に、精進致します。

川尻 龍司
雨降り
2020年6月12日(金)

雨が降る日が続きますね

塗装屋さんとしては工程が進まなくなるので読みづらい時期になってきました

お客様にも工期が伸びてしまうので申し訳ないばかりです。

 

 

最近施工させて頂いた所ではベランダ外壁のシーリングを紫外線から保護するために

目地ガードを付けさせていただきました。

 

シーリング劣化の原因は紫外線によるものが大きいのでそれから守るために付けることになりました。

目地シーリングは防水のために必要なので劣化すると吸水の原因になるので注意が必要ですよ

ふとした時に家のシーリングの状態を見てみるのいいかもしれませんね

平野 建吾
屋根棟部の漆喰補修。
2020年6月11日(木)

こんにちは。梅雨入りしそうな天気です(;^_^A
雨男の私には、都合の良いシーズンかもしれません。

さて本日は、屋根の棟部漆喰塗布です。

漆喰の特性は、

①湿度が飽和状態の時は吸い、乾燥時は吐き出す天然の除湿・加湿材料。

②ウイルスを抑制、大腸菌・黄色ブドウ球菌など有害菌に対する抗菌性。

③化学物質に代表されるホルムアルビデドを吸収分解。

④二酸化炭素に反応し固まる性質があり、都市が経つに連れ硬度が増します。

簡単に申しますと、屋根の下地材を外気から守る特性があるという事です。

下記の写真は漆喰が崩れています。白い部分が漆喰です。漆喰がくずている部分は下地の土が見えてしまっています。

下記の漆喰は変色が始まっていますので、これを放置して行くと漆喰が崩れ、内部に雨水が侵入し、雨漏り等が発生する原因になります。

既設の漆喰を撤去し、新しい漆喰を塗布して行きます。

専用のコテで漆喰を塗布して行きます。

狭い部分にも関わらず、しっかりと丁寧に塗布していました。職人技ですね。素晴らしいです。

キレイに漆喰補修が出来ました。

漆喰の崩れは、雨漏りの要因になりますので、御注意下さい。

平野 建吾
無事完了しました。
2020年6月8日(月)

こんにちは。夏が近づいて来ている暑さに溶けそうです(;^_^A

本日は先日工事が完了した御宅の塗装を報告したいと思います。

今回は、一部分を色を変えて塗装を行いました。

上塗りに使用した塗料はもちろん、弊社一押しの超低汚染リファイン1000Si-IRです。(美壁革命)

施工前(正面)

施工後(正面)

施工前(西面)

施工後(西面)

今回の色は、ベランダ部分の一部が“モカ”と言います。ピンク系の可愛い色です。

その他の外壁は“ペールビスケット”と言います。クリーム系で落ち着いた感じです。

御客様にも喜んで頂き、感謝です。目指せ御客様満足度100%!!

まだまだ、勉強不足ですが猛勉強して、御客様から信頼・信用される様、精進致します。

石井 悟
【職人動画ブログ】関市 軒天井塗装/Y様邸/石井
2020年6月8日(月)

軒天の塗装です。
ニッペのケンエースという塗料を使用します。
白から黒に塗り替え、重厚感と高級感のある仕上がりになりました。