現場ブログ

三輪 雄彦
超ピカピカ ハードに使う場合の床の塗装
2020年1月22日(水)

床の塗装は塗装工事においても特殊な分野となります。

一般的な住宅塗装の技術では施工することができません。

 

床は外壁や屋根に比べ、遙かに強度、硬度、密着力が必要です。

なぜか?

踏みつけるからです!

しかも人だけではなく、車や台車やフォークリフトが!

ですので堅くて、分厚くて、強力に密着する必要があるのです。

 

今回のこの床、「カラーコンクリート」というものになります。

大変表面が緻密で硬度が高い床材になります。

故に塗料の密着がとっても悪いということになります。

 

カラーコンクリートの塗装のポイントは研磨とプライマー選びです。

研磨は機械で行います。

三輪塗装には配備していますが、かなり特殊機械になりますので専門業種でしか

対応できない工法と言うことになります。

 

今回は厚み1.0mm程度のものをお選び頂きました。

10mmほどまで様々な厚みのものを、使い方、場所に応じて使用します

 

例えば、熱湯を使う場所「厨房」とかは更に特殊な材料を使用します

可児市、食品工場様での施工例ですが

厨房ではこの「水硬質ウレタン樹脂」が定番となります。

過酷な条件下で長年耐えうる材料がこれしかない・・・ということでもあります。

 

とにかく専門性の高い塗床は専門業者である三輪塗装にお任せ下さい

弊社の床施工例

 

 

三輪 雄彦
危険なブロック塀の撤去からのおしゃれなフェンス
2020年1月15日(水)

外構工事も行うプロタイムズ岐阜関店 (有)三輪塗装です

ご依頼は

地震により倒壊が懸念されるブロック塀を撤去し

フェンスを新設してほしい!と言うものでございました。

 

因みに関市ではブロック塀等の撤去費を補助が出ます!

・補強コンクリートブロック造又は組積造(ブロック、レンガ、大谷石等)の塀

・道路に面し、塀から道路境界線までの最短距離がその塀の高さ以内であること。

・道路面から80センチ以上、かつ、基礎を除く部分が60センチ以上であること。

(敷地と道路の高さが異なる場合は、別の扱いとする)

・道路に面する部分の全てが撤去されること。

詳細はこちら

https://www.city.seki.lg.jp/0000012642.html

申請はこちらで全て準備させて頂きます

 

一見、コンクリートでできた重厚に見えますが、

多くのお宅ではCB積み(コンクリートブロック)であり、

鉄筋や控えの有無にもよりますが、倒壊が危ぶまれているものになります。

 

雑然と生い茂った植栽も、今回のご不満の一つでしたが、

それよりも使われていた枕木がシロアリに犯されていることが判明し

植栽も根っこごとごっそりと撤去とさせて頂きました。

 

植栽の撤去と既存基礎のモルタル塗りが完了。

 

 

 

インターフォン、ポストを配す機能門柱

門、フェンスは全て木目調! 三協アルミ製!

かなりかっこいい!

基礎部はアイカ ジョリパット コテ塗り「エンシェントブリック」仕上げとしました。

 

 

元に話を戻しますが、危険なコンクリートブロック製塀は市内のあちらこちらで見かけます。

因みに補助金は以下のようなことになっております。

 

1 補助対象経費は次のいずれか少ない額

(ア)撤去に要した経費(廃棄等の経費を含む)

(イ)ブロック塀等の面積に10,000円/平方メートルを乗じた額

2 補助金額 補助対象経費の1/2(最大300,000円)

3 同一の土地には1回限り

 

多いか少ないかはともかくとして、大地震の確立は年々高まっていると言われます。

持ち主の裁量でしか解決ができない問題でもあります。

一度私どもにご相談下さいませ

三輪 雄彦
隣の家が解体撤去された、誰が費用負担する等々
2020年1月10日(金)

関市内においても、お隣さんが何らかの理由で建物を解体され

その結果、塗装がしてない、防水工事がされていない外壁が

露出してしまったという話はよくある話です。

 

当家を建築したときは、お隣があった訳ですが、

境が非常に狭く、外壁に仕上げをするだけのスペースがなかったことが原因であることは

言うまでもありません。

 

このような状況でも雨漏りしなかったのは、

建物と建物の隙間の上部に多くは板金材で

屋根のようなもので覆われていた、ふさいであったということであったこと

 

ひび割れや本来埋められるべき隙間を、パテ材やシーリング材で

埋めて行きます。

 

 

仕上げの塗装は、今回は防水性能の高い

アステックペイントジャパンのEC5000PCM

 

完成です。

多くの場合、ひび割れや隙間があるため、素早く工事に入ることが必要です。

お隣が解体撤去するという情報が入ったら、即材に我々専門業者に連絡されることをおすすめします。

 

即座に解体業者と打ち合わせを行い、工事に入らせて頂きます。

これだけの工事ではありますが

・足場工事

・シーリング工事

・左官工事

・塗装工事

が必要となります。

工期は最低2週間かかります。

そして費用ですが、これは家主負担となります。

 

鵜飼 隆弘
ありがとうございました。
2019年12月27日(金)

本日をもちまして、一身上の都合により退職することになりました。

塗装の仕事は初めてでしたので、最初はとても不安だったのですが、
皆さんに丁寧に仕事を教えていただき、充実した6年9ヶ月間を過ごすことができました。

お客さまにご迷惑をおかけするなど失敗もありましたが、

温かく見守っていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです
ここで経験を自分の強みとして、

今後の人生に活かしていくつもりです。
今までありがとうございました。

柴崎 貴大
ありがとうございました。
2019年12月27日(金)

この度、一身上の都合により退職する運びとなりました。

職人3年、営業4年の合計7年間、関わらせて頂きました。

7年間公私にわたり大変お世話になりました。

今後は実家の父親が経営する瓦の仕事に就くことになりました。

非力ですが少しでも世の中のお役に立てるよう頑張っていきます。

ありがとうございました。

 

岐阜県関市 外装リフォーム工事 H様邸

2019年11月13日(水)

みなさんこんにちは。

もう11月中旬ですね。ほんとに今年の1年も早かったです。

すっかり朝・晩寒くなりました。すぐに冬が来ますね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は関市H様邸工事を紹介していきます。

まず、足場の組み立てを行います。

安全かつ作業性の良い足場を組み立てていきます。

続いて、高圧洗浄を行います。

汚れやチョーキングがそのままでは塗料の密着も悪くなりますのでしっかりと洗っていきます。

外壁高圧洗浄作業状況です。

土間高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線によりひび割れや硬化を起こし、そこから水を吸ってしまい外壁の腐食などに繋がりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

厚みの確保できない場所はその上に打設してもすぐにひび割れを起こしてしまうため既存のシーリングを撤去し新しく打設する打ち替え工事を行います。

サッシ廻りなど厚みの確保ができる箇所は既存のシーリングの上に打設する増し打ち工事を行います。

シーリング撤去作業状況です。

プライマー塗布作業状況です。

シーリング打設作業状況です。

シーリング均し作業状況です。

シーリング工事完了後塗装工事に入っていきます。

まず、付帯部のケレンです。

ケレンとは、主に鉄部の汚れや錆びを落したりすることを言います。錆びが発生していなくても塗料の密着を良くするために表面に傷をつけることもケレンと言います。

仕上がりを良くするためにも重要な作業となります。

ケレン作業状況です。

続いて、付帯部の鉄部錆止めを行います。

錆止め作業状況です。

続いて、付帯部の上塗り1回目です。

塗り残しが無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

付帯部の上塗り2回目は外壁塗装完了後仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装です。

まず、下塗りを行います。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりととても重要な工程となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

こちらも塗り残しがないようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事が進んでいきます。

ただ塗るだけではなく塗装前の下準備がとても重要となります。

お住まいのことで分からないことやお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。

 

 

岐阜県美濃加茂市 外装リフォーム工事 N様邸

2019年10月31日(木)

みなさんこんにちは。

気温も結構下がってきましたね。寒い時があります。しかし天気がいいとまだまだ暑いです。

気温の差が激しく体調を崩しやすいのでしっかりと体調管理したいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、美濃加茂市N様邸の工事を少し紹介していきます。

まず、屋根・外壁の素材の説明です。

屋根は瓦が使用されています。 耐候性が高く、耐熱性、断熱性などにも優れています。

瓦は塗装の必要はありませんが瓦の割れやズレ漆喰などは定期的に点検を行いメンテナンスをしていくことが必要です。

外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく定期的にメンテナンスを行うことが必要となります。

続いて、作業の説明です。

まず、最初に足場組を行います。

安全で作業のしやすい足場を組んでいきます。

続いて、高圧洗浄です。

長年の汚れやチョーキングをしっかりと洗い流していきます。

汚れなどがしっかりと落ちていないと仕上がりや密着が悪くなってしまいます。

高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線によりひび割れや硬化を起こし、そこから水を吸ってしまい外壁の腐食などに繋がりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

サイディングとサイディングの間は既存のシーリングの上に打設しても厚みの確保ができず、すぐにひび割れを起こしてしまうため既存のシーリングを撤去し新しく打設する打ち替え工事を行います。

サッシ廻りなど厚みの確保ができる箇所は既存のシーリングの上に打設する増し打ち工事を行います。

シーリング撤去作業状況です。

続いて、プライマー塗布です。

接着剤の機能となりますのでしっかりと塗り残しが無いように塗っていきます。

プライマー塗布作業状況です。

続いて、シーリング打設です。

厚みを確保できるようたっぷりと打設していきます。

シーリング打設作業状況です。

続いて、シーリング均しです。

均一に均していきます。

シーリング均し作業状況です。

シーリング乾燥後塗装工事に入っていきます。

ですがすぐに塗装を行なうわけではありません。

まず養生と言って塗らない場所・汚れてはいけない場所にビニールを貼っていきます。

養生完了状況です。

段差などがありますと分かりにくいため張り紙を張っておきます。

養生が終わりましたら塗装工事に入っていきます。

いかがだったでしょうか?

 

岐阜県関市 外装リフォーム工事 I様邸

2019年10月21日(月)

みなさんこんにちは。

朝・晩の気温はほんとに低く寒くなりましたね、、、。気温も差が激しいです。

体調を崩しやすいのでしぅかりと体調管理していきたいですね。

もうインフルエンザも出てるみたいなので注意していきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は関市I様邸の工事を紹介していきます。

まず、足場組後高圧洗浄を行います。

汚れやチョーキングをしっかりと洗い流していきます。

高圧洗浄作業状況です。

土間の洗浄も行っていきます。

かなりキレイになります。

高圧洗浄作業状況です。

続いて、ベランダ外壁の改修工事を行います。

今回は、現場調査時にベランダ外壁の腐食が見られましたので張替え工事を行いました。

外壁腐食状況です。

ベランダ腐食状況です。

まず、床のバスリブを外します。

バスリブ撤去状況です。

続いて、笠木・サイディングを撤去します。

撤去したら木の下地が腐っていたり強度が弱かったりしたため木の補強作業を行います。

笠木・サイディング撤去状況です。

続いて、後防水シートを貼り胴縁を付けていきます。

防水シート・胴縁取り付け状況です。

続いて、サイディングを張っていきます。

サイディング張り状況です。

塗装工事完了後バスリブの復旧と笠木の復旧を行います。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは経年によりひび割れや硬化を起こします。ひび割れなどを放置しておくとそこから水が入り外壁の腐食に繋がったりするため注意が必要となります。

サッシ廻りなどは増し打ち工事を行います。

まず、プライマーを塗っていきます。密着を良くするために重要な作業となります。

プライマー塗布作業状況です。

続いて、シーリングの打設です。

シーリング打設作業状況です。

続いて、シーリングの均しです。

厚みを確保しながら均一に均していきます。

シーリング均し作業状況です。

続いて、塗装工事に入っていきます。

まず、付帯部の塗装です。

鉄部には錆び止めを塗っていきます。

錆び止め作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目は外壁を仕上げてから塗っていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装です。

まず、下塗りを行います。

上塗りとの密着を良くしたりと重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

塗り残しが無いようしっかりとたっぷり塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして工事が進んでいきます。

では、この辺で、、、。

 

岐阜県関市 外装リフォーム工事 N様邸

2019年10月14日(月)

みなさんこんにちは。

最近は朝・晩と寒くなってきましたね。もう秋ですね。すぐに寒い冬がやってきますが、、、。

今年の冬は雪が降るでしょうか?

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市N様邸の工事を紹介していきます。

まず、最初に足場を組んでいきます。

安全で作業のしやすい足場を組んできます。

続いて、高圧洗浄です。

長年の汚れやチョーキングをキレイに洗っていきます。高圧洗浄をしずに塗装をしてしまうと塗料の密着が悪くなったり仕上がりも悪くなったりしてしまいます。

高圧洗浄作業状況です。

高圧洗浄後シーリング工事を行います。

サイディングとサイディングの繋ぎ目は既存のシーリングの上に打設しても厚みの確保ができずすぐにひび割れなどを起こしてしまうため繋ぎ目は既存のシーリングを撤去して新しく打ち替える工事を行います。

シーリング撤去状況です。

続いて、プライマー(接着剤)を塗っていきます。

密着を良くするために重要な作業となります。

プライマー塗り作業状況です。

続いて、シーリングを打設していきます。厚みをしっかりと付けていきます。

シーリング打設作業状況です。

続いて、シーリングを均していきます。

均一に均していきます。

シーリング均し作業状況です。

シーリング工事完了後塗装工事に入っていきます。

まず、付帯部の塗装を行います。

鉄部には錆び止めを入れていきます。

錆び止め作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

塗り残しが無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目の仕上げは外壁の塗装が完了後仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、軒天の塗装です。

軒天は上塗り2回行います。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

上塗り2回目作業状況です。

付帯部塗装後外壁の塗装に入っていきます。

まず、下塗りです。

上塗りとの密着を良くしたりと重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

塗り残しが無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら塗っていきます。

上塗り2回目作業状況です。

今回は2色塗りを行うため上塗り2回目完了後毛の短いローラーを使い表面のみ色付けを行います。

この2色塗りを行うことでまた違う雰囲気が出てきます。

2色塗り作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事が行われます。

では、この辺で、、、。

岐阜県加茂郡 外装リフォーム工事 Y様邸

2019年10月5日(土)

みなさんこんにちは。

朝と夜はかなり涼しくなりましたね。寒い時もあります、、、

しかし、まだまだ日中は暑いです。温度差がかなり激しいので体調管理はしっかりしていきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は川辺町Y様邸の工事を少し紹介していきたいと思います。

まず、素材の説明です。

屋根は瓦が使用されています。 耐候性が高く、耐熱性、断熱性などにも優れています。

瓦は塗装の必要はありませんが瓦の割れやズレ漆喰などは定期的に点検を行いメンテナンスをしていくことが必要です。

漆喰が剥がれると中の土が流れ棟が崩れてきますので注意が必要です。

外壁はモルタルとトタンが使用されていました。

モルタルは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜてつくった材料で施工した湿式工法の外壁のことです。

この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、実は、この素材自体の防水性能は低いので、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。ですので定期的なメンテナンスが必要となります。

トタンは、金属系の外壁材のため劣化が進むとサビが発生します。

こちらも定期的なメンテナンスが必要となります。

続いて、作業の紹介です。

まず、今回はアルミ製のベランダの交換工事がありましたので足場組の前に解体しました。

解体前状況です。

解体後状況です。

カーポートの屋根材も足場組の際に外す必要がある場合は外します。

屋根材外し完了状況です。

続いて、足場組です。

安全で作業のしやすい足場を組んでいきます。

足場の組み方で作業効率も結構変わってきます。

続いて、高圧洗浄です。

長年の汚れやチョーキングをキレイに落としていきます。

汚れなどが付いていては仕上がりも塗料の密着も悪くなってしまいますからね、、、。

続いて、シーリング工事です。

モルタルの目地部やサッシ廻りは経年によりひび割れが起きてしまいます。

そこから水が入らないようにシーリングで埋めていきます。

シーリング完了状況です。

シーリング完了後塗装工事に入っていきます。

実際に塗装する前に塗らない場所や汚れてはいけない場所に養生(ビニール)を貼っていきます。

せっかくキレイになってもサッシや土間が汚れていてはもったいないですからね。

養生がしっかりとできてから塗装工事に入っていきます。

サッシ養生状況です。

土間養生状況です。

いかがだったでしょうか?

建物のことで分からないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。

 

 

 

岐阜県関市 外装リフォーム工事 O様邸

2019年9月26日(木)

みなさんこんにちは。

最近の朝は結構涼しくなってきましたね。寒いくらいです、、、。まだ昼間は暑いですが、、。

気温の差が激しく体調を崩しやすいのでしっかりと体調管理していきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市O様邸の工事を少し紹介していきます。

まず、素材の説明をしていきます。

屋根は瓦が使用されています。耐候性が高く、耐熱性、断熱性などにも優れています。
しかし、重量が重く、耐震性には配慮が必要となります。

瓦は塗装の必要はありませんが瓦の割れやズレ漆喰などはメンテナンスが必要となります。

 

漆喰が剥がれますと雨の時に葺き土が流れ棟が崩れてきて雨漏りの原因になったりしますので注意が必要となります。

外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく定期的にメンテナンスを行うことが必要となります。

続いて、作業の紹介です。

まず、最初に高圧洗浄を行います。

塗装前に行うとても重要な作業となります。塗料の密着に影響も出てしまいます。

ですので、経年によるチョーキングや汚れをしっかりと落としていきます。

高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線によりひび割れや硬化を起こし、そこから水を吸ってしまい外壁の腐食などに繋がりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

サイディングとサイディングの間は既存のシーリングの上に打設しても厚みの確保ができず、すぐにひび割れを起こしてしまうため既存のシーリングを撤去し新しく打設する打ち替え工事を行います。

サッシ廻りなど厚みの確保ができる箇所は既存のシーリングの上に打設する増し打ち工事を行います。

シーリング打設作業状況です。

シーリング均し作業状況です。

続いて、軒天塗装です。

まず、軒天です。上塗りを2回行っていきます。

塗り残しやムラが出ないよう均一に均しながら塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、付帯部の塗装です。

鉄部は錆び止めを入れていきます。

錆び止め作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

上塗り1回目作業状況です。

付帯部の上塗り2回目(仕上げ)は外壁の塗装が完了後に仕上げていきます。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事が進んでいきます。

では、この辺で、、、。

岐阜県岐阜市 外装リフォーム工事 H様邸

2019年9月16日(月)

みなさんこんにちは。

また真夏のような暑さが続いていますね、、、。そろそろ涼しくなってほしいです、、、。

暑さに負けず頑張っていきます。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

前回はシーリング工事まで紹介しましたので続きを紹介していきます。

まず、付帯部の紹介です。

鉄部にはサビ止めを塩ビ鋼板には専用の下塗りを入れていきます。

塩ビ鋼板に専用の下塗りを入れないと塗装してもネチネチしたりと不具合が起きてしまうので注意が必要です。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

上塗り1回目作業状況です。

外壁の塗装完了後上塗り2回目を塗り仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、軒天の紹介です。

軒天は上塗り2回目行います。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、屋根の紹介です。

まず、サビ止めです。

付帯部同様鉄部にはサビ止めを入れていきます。

サビ止め作業状況です。

続いて、下塗りです。

上塗りとの密着を良くしたりととても重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

たっぷりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、縁切り工事を行います。

スレート瓦の塗装工程の中で縁切りという非常に重要な工程があります。縁切りとは塗装を行う際に瓦と瓦が重なった部分に溜まった塗料に対して、切り込みを入れることで雨水の排水口を作る作業のことです。

縁切りを怠ると、本来隙間がなければならない部分を塗装時に塗料で塞いでしまうので、雨水の逃げ道がなくなり、毛細管現状を起こし、野地板や天井裏などへ雨水が逆流し、雨漏りを誘発する原因になります。

そのため塗装時には縁切り作業が必ず必要となります。

縁切り作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

塗り残しが無いようきっちり塗っていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装です。

まず、下塗りです。

こちらも屋根同様上塗りとの密着を良くしたりととても重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

ダメなど無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目作業状況です。

細部まできっちりと塗っていきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事が進んでいきます。

なにか分からないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。