現場ブログ

藤井 泰魁
関市 鋳物師屋 塗装工事
2022年1月18日(火)

今回は塗装工事全体を見せます。

まず流れとしては高圧洗浄、養生、付帯部上塗り1回目

軒天、壁下塗り、壁上塗り1回目、壁上塗り2回目

養生外し、付帯部上塗り2回目、タッチアップ、クリーニングです。

どの工程も重要です。

【高圧洗浄】

塗装をする前に必ず高圧洗浄を行います。

ホコリ、ゴミ、コケなどを除去し

塗装が出来る状態にします。

壁だけでなく樋や土間などいろいろな個所を

高圧洗浄をしていきます。

【養生】

高圧洗浄が終わって次にシーリング工事が入ります。

専門の職人さんがシーリング工事を行ってくれます。

シーリング工事終了後乾いてから養生を行います。

窓、土間など塗らない箇所を養生して行きます。

【付帯部上塗り1回目】

養生が終了後付帯部上塗り1回目を行います。

竪樋、軒樋、水切りなど付帯部は全て塗ります。

鉄部は先に錆止めを入れておきます。

【軒天塗装】

付帯部上塗り1回目終了後軒天塗装を行います。

軒天塗装時できるだけ壁につけないように

気を付けて塗装して行きます。

【壁下塗り】

軒天塗装終了後壁の下塗りを行います。

上塗り材との密着を良くするため必ず入れます。

他に浸透して固める性質を持っている材料を使っていますので

既定の塗布量で塗装して行きます。

【壁上塗り1回目】

壁の下塗り終了後壁上塗り1回目を行います。

壁の上塗り1回目は養生をしっかり押さえて塗る必要があります。

押さえないとテープの中に潜り込んでしまうので

しっかりと押さえ1回目から綺麗に塗装して行きます。

【壁上塗り2回目】

壁の上塗り1回目終了後壁の上塗り2回目を行います。

壁の上塗り1回目がしっかり乾いてから壁の上塗り2回目に行きます。

乾燥時間をしっかりとらないとのちに塗膜剥離や塗膜の膨れなど

施工不良に繋がってしまいます。

なのでしっかり規則を守って塗装をします。

【壁2色塗り】

今回は特別な現場で2色塗りという仕事をします。

壁の上塗り2回目が終了後乾いたのを確認してから行います。

目地色につけない様気を付けて塗装をしていきます。

【養生外し】

壁の塗装が終了後すべての養生を外します。

【付帯部上塗り2回目】

養生外し終了後付帯部上塗り2回目を行ないます。

仕上げなので慎重に行います。

壁、軒天等も完成しているので

つけないように気を付けて塗装を行います。

【タッチアップ】

最終確認で現場全体をチェックし

ダメが無いかを見てあれば直します。

最終確認を怠らず完璧に仕上げます。

【クリー二ング】

最後に窓拭き、窓の桟のクリーニングを行います。

綺麗に拭いて綺麗な状態で御客様に御渡しします。

これが塗装工事の長れです。

各工程意識する事がたくさんあるので

意識しながら効率良く仕事を進めていきます。

立石 龍二
関市 明生町 付帯塗装
2022年1月17日(月)

本日は、付帯の塗装を行いました。

本日使用した材料は、マックスシールドです。

付帯の塗装を行う際気を付けている事は、

継ぎ目が出ないようにすること耳を出さないこと

カスレや垂れが無いようにすることです。

これからもこれらのことに気を使い

丁寧な作業をしていきます。

藤井 泰魁
関市 明生町 外壁 下塗り
2022年1月17日(月)

本日は壁の下塗りを行いました。

今回使用した材料はエポパワーシーラーです。

この材料の性質は浸透して固めることです。

下地調整として上塗りの前に下塗りをします。

下塗りがないと上塗りが密着せず耐久性がない状態に

なるので長期間美観が保たれないですが

下塗りを入れる事によって密着を良くし

長期間保つことができます。

下塗から塗装は始まっているので

しっかり行います。

石井 悟
関市 雨戸吹き付け塗装/N様邸/石井
2022年1月17日(月)

雨戸の塗装の様子です。
雨戸は外して会社に持っていき、吹き付け塗装をしてきれいにします。
2液型のフッ素塗料を使用して2回塗りをします。

藤井 泰魁
関市 明生町 付帯部 上塗り1回目
2022年1月15日(土)

本日は付帯部の上塗り1回目を行いました。

今回使用した材料はマックスシールドです。

付帯部上塗り1回目で意識している事は

一発で仕上げるつもりで行う事です。

1回目だから手を抜くや雑にやるなどは

良い施工とは言えないので

1回目でも2回目でも綺麗に仕上げることで

いつみられても綺麗な施工が見られると思うので

これからも意識して仕事をしていきたいと思います。

立石 龍二
関市 明生町 軒天塗装
2022年1月15日(土)

本日は、軒天の塗装を行いました。

本日使用した材料は、マルチエースです。

軒天を塗装する際気を付けている事は、

壁や破風の返しに付けないこと

かすれさせない事とハケの跡をなるべくローラーで寄せて無くすことです。

それらのことに気を使いながら丁寧に塗装をします。

これからも丁寧な作業をしていきます。

藤井 泰魁
雨戸 吹付
2022年1月14日(金)

本日は雨戸の吹き付けを行いました。

吹き付け自体は練習程度でしか

やったことがなかったです。

今回は実際に吹き付けをやらせてもらいました。

人によって吹くネタの量や手を動かす速さなど

変わってどれが正しいとかはないらしいので

自分で感覚をつかんでやってみました。

上手にできるよう回数を重ねて

綺麗に吹けるよう頑張っていきます。

立石 龍二
関市鋳物師屋 高圧洗浄
2022年1月13日(木)

本日は、高圧洗浄を行いました。

高圧洗浄は壁のチョーキングを落とすためにやります。

壁を洗う時にムラが出ないように気を使って洗浄しました。

チョーキングをしっかりとります。

土間の洗浄も丁寧に高圧洗浄を行いました。

これからも丁寧に高圧洗浄を行って行きます。

土士田 玲哉
関市 武芸川 塀の高圧洗浄
2022年1月13日(木)

本日は、高圧洗浄を行いました。

塀の高圧洗浄は、特に塀などは苔などが沢山付いていたり汚れが

沢山ありますので、しっかりと洗浄を行いました。

しっかりと洗浄をしないと塗装をする際に、仕上がりが悪くなったり

洗浄しなかったゴミなどが出てしまうので、洗浄は、しっかりと

洗い残しがないように洗浄しなければなりません。

これからも綺麗にしっかりと洗浄していきます。

土士田 玲哉
美濃市 大矢田 高圧洗浄
2022年1月13日(木)

本日は、高圧洗浄を行いました。

高圧洗浄は、現場に入る前に行う一番最初の作業になります。

高圧洗浄では、今まで溜まったゴミ、ホコリ、苔、汚れ、

窓のガラス、窓のレールなどを主に洗浄していきます。

外壁などは、たまにチョーキングしている場合があるのでしっかりと洗浄して

塗装工事をしっかりと出来るようにします。

立石 龍二
関市明生町 水切り赤錆塗装
2022年1月12日(水)

本日は、水切りの赤錆塗装を行いました。

水切りを塗る時やっている事は、

塗る前にしっかりとケレンを行ってから塗ります。

水切りを塗る時に気を付けている事は、

最初に刷毛を入れますがその刷毛でかすれないようにすること

ローラーで塗る時にたらさない事を気を付けています。

これからも綺麗にやっていきます。

藤井 泰魁
今年もよろしくお願いします。
2022年1月12日(水)

昨年はケガもなく仕事に取り組めました。

今年もケガなく頑張っていきます。

今年は昨年よりも成長スピードを上げる

年として仕事をしていきます。

書初めでは一(いち)にしました。

なぜ一にしたのかというと

一つ一つの現場に真剣に取り組むことや

一つ一つの作業をしっかりすることで

仕事に対しての姿勢が劣らないようにするためです。

他に一日一日を大切にして一歩ずつ成長して

職人の中で1番により近づけるようになるためでもあります。

会社の為に仲間の為に働いていきます。

今年もよろしくお願いします。