スタッフブログ

足立 愛子
愛する鳥たち
2019年8月1日(木)

休日を利用して静岡県掛川市の「掛川花鳥園」へ行ってきました。

朝一とはいきませんでしたが、開園後40分ほどで入園。

 

フクロウさん、ペンギンさん、あひるさん、インコさんはひとまずお預けして、

まっすぐオオハシさんを目指します。

100円で餌を買うのですが、あいにく500円玉しかなかったため

500円分一気買い。

私の肩に飛び乗るオオハシ、歓喜のワタシ。

大きなくちばしですが、小さなリンゴのかけらを手のひらに乗せると、それだけを優しく加えます。

エサをあげないと腕に噛みつき猛アピール。

か、かわいいい。

その後はインコ達にも餌をあげたり、

ハシビロコウとにらめっこしたり、

ハリスホークやヘビクイワシなどの猛禽類のショーを愉しんだり、

ペンギンやインコなどのショーを愉しんだりとあっという間に時は過ぎていきます。

少々歩き疲れて、オオハシと水辺の鳥たちのいる小屋のベンチで休んでいると、

池からフラミンゴが出てきて私の前へ、また1羽また1羽と、4羽のフラミンゴに取り囲まれる事態に。

[私、エサ持ってませんけど・・・](心の声)

『なんだよ、エサもってねーのかよ。しけてんな』(フラミンゴの声!?)

まさにフラミンゴによるカツアゲ。

飼育員さん、私に向かって「フラミンゴ、一旦池に戻しますね~」

[いや、私、フラミンゴ連れ出してないし・・・](心の声)

飼育員さん大きな声で小屋にいるお客さん達に「今から、フラミンゴたちのエサをお配りしまーす。エサをあげる際の約束事を説明しまーす」

ふむふむと聞いてると、またフラミンゴがやってきて、その長い首で私の肩をアタック。

気のせい?

またアタック×2回

『はやくエサもらってこいやぁ』(フラミンゴの声!?)

[えぇーー!!ほんとにカツアゲ!?](心の声)

その後、飼育員さんからもらったエサをあげると、大人しくなりました。


ノーマークだったのですが、フラミンゴのかわいさにも気づきました。

 

他にもハイイロエボシドリやワライカワセミ、新入りのミヤマオウム、ベニコンゴウインコやピグミーファルコン、みんなかわいい。


黄色のくちばし、やさしい目のハイイロエボシドリ。


顔が笑っているわけではないワライカワセミ。


ガラス越しにハンカチに興味津々のミヤマオウム。


ショーの前のご挨拶、おすましベニコンゴウインコ。


羽がふさふさでヒナのような成鳥のピグミーファルコン。

 

愛する鳥たちとの癒しの時間をしぶしぶ終えて帰宅すると、

巣立ちしたツバメのヒナたちが。


昼間は飛行とエサ取りの訓練をして、夜は家に戻ってきます。

あと何日この姿が見られるか。

寂しくもあり、うれしくもあり。

愛する鳥たちでした。

 

平田 京子
超人の秘密
2019年8月1日(木)

こんにちは。
遂に8月に突入!
そろそろまた、子どもたちの宿題の進捗具合をチェックしなきゃですね。

さて、夏休みに入る前に、子どもたちが学校で育てている鉢植えを持って帰ってきました。
次男君のあさがおには「げんくん」と書かれており、聞いてみると「なまえつけたの。ほしのげんってこと。」との説明。
なるほど。げんくん、私も好きだよ。

音楽、ドラマ、コント、エッセイ、、、ほんとうに様々な媒体で活躍を見せる『超人』源さんですが、私のお気に入り星野源コレクションは、例えばこんな雑誌類。

一番左の「ふたりきりで話そう」が昨日発売された最新のものです。
雑誌の連載をまとめたものなので、実際に「ふたりきりで話」したのは2年前のこととかで、ちょっとタイムラグがあるのが残念ですが、おもしろいです。
お話し相手は石田ゆり子さん、渡辺直美ちゃん、吉田ユニさん、三浦大知さん、など、ジャンル様々。

誰と話しても、感じられるのは、相手のことをよーく見ているね、源さん。と。
表面的ではなく、本当にその人が大事にしていることを一瞬で見抜いてしまうような力があるのでは。
だからお互い信頼しあって、安心して付き合うことができるのでしょうね。
しかも、その、相手が大事にしてることが自分の価値観とは違うな、と思うことがある場合でも真正面から否定しない、そういう姿勢も好きです。

どうも私は、そういう姿勢で人と向き合うアーティストやクリエイターが好きなようです。
例えば源さん以外にも、宇多田ヒカルさん、吉田ユニさん、木村カエラさん、、、

不器用な自分にはなかなかできないことですが、見習いたいです。