スタッフブログ

足立 愛子
飛騨方面へ行ってきました
2019年5月30日(木)

書きそびれましたが、ゴールデンウィークに飛騨方面へ遊びに行ってきました。

山景色が見たくて新穂高ロープウェイへ。

途中雪山を眺めながら向かいました。

天候に恵まれているので、山頂の景色に期待大です。

ゴールデンウィークは混雑との情報を得て、朝8:30の始発ロープウェイに30分ほど前から並びました。

ロープウェイに並ぶ方々の半分ほどは登山の雪山装備ばっちりの方々。

関市内ではすっかりあたたくなっていた時期ですが、

朝一のロープウェイ乗り場はまだまだ寒くて、ロープウェイで山頂まで登ったら寒さはいかばかりか、

ちょっとした防寒着で大丈夫か心配。

登山客の漏れ聞こえる話から察するに、

山中どこかで一泊の上、明日西穂高頂上にアタックするとか。すばらしい!

2基のロープウェイを乗り継いで山頂展望台に到着。

その眺め!

まだまだ雪の残る山々。

アルプス一万尺の槍ヶ岳も見えました。↓

はるか向こうに白山も浮きあがって見えます。↓

眺めているとツバメが飛び交い、穂高の遅い春といった感じです。

寒さも心配するほどではありませんでした。

景色を眺めた後は、登山の方々が雪山用のスノースパイクを靴に装着するなか、

私は雪の残る道をスニーカーでトライ。↓

膝まで雪にはまりながら、周辺散策をして下山しました。

 

帰りは高山で。

混雑の古い街並みをさけてさてどこへ行こうか?

!光ミュージアムへ行って見よう!

贅を尽くした建物に圧巻。

ここはどこ?

高山出身の左官職人、挾土秀平(はさどしゅうへい)さんの作品が多くありました。

上の写真の天井も挾土さんの作品。

土のぬくもりと緻密な仕上がりに感嘆です。

 

最後はもちろん飛騨牛で〆て帰ってきました。