スタッフブログ

お目にかかれるのは最初で最後

2018年9月25日(火)

こんにちは。サポートスタッフの白石です。

このところすっきりとした青空を見ることができませんね。日中は暑かったり寒かったりと、体温調節が難しいです。

今日は肌寒いのに上着を忘れて出社してしまいましたが、事務所内は存外蒸し暑く、忘れても支障はありませんでした。

 

さて、先日の日曜日に、主人と名古屋市美術館へ行ってきました。

DSC_4185

珍しく主人が行きたいと言った印象派の展覧会です。

ルノアールの中でももっとも有名なイレーヌ嬢の肖像画。

本物を生で見ることができるのは、多分これが最初で最後です。

 

翌日が最終日と言う事もあり、オープン前から当日券を求めて長蛇の列ができてました。

DSC_4186

コンビニでチケットを買っておけばよかったと後悔しつつ、最後尾に私たちも並び入場券を買いいざ入館。

入口は混雑してましたが、オープンしてすぐだったのでゆっくり鑑賞することができました。

誰もが知っている有名な画家の作品がずらりと並んでいました。

ルノアール、ゴッホ、モネ、マネ、セザンヌ、ゴーギャン、そしてピカソ・・・

そうそうたるメンバーでした。

 

イレーヌ嬢は本当に可愛かったです♪白い肌、豊かな髪、美しい瞳・・・

さすが世界一有名な美少女です♪

8歳の肖像らしいのですが、かなり大人っぽいですよね。

周りからたくさんの愛情を受けているのが感じられました。

印刷で見るのもいいですが、やはり実物に勝るものはありません。これだけでも来たかいがありました。

 

そして今回私が1番印象に残ったのがピカソの「イタリアの女」

画像は東京新聞のHPからお借りしました。

b6594ae7bd116d4da8f6511aa305f88c

子供の頃にピカソの作品を見た時は、面白いや、訳が分からないという申し訳ない感想でしたが、

大人になってから見ると、いかにピカソが天才だったかがわかりますね。

今回のこの絵画。色使い、構図、バランス、そしてパッと見、人物が1人しか書かれていない様で、

実はもう1人男性が描かれていると言う事。

これって子供が気が付くのは難しいので、ぜひ教えてあげてほしいです。

そしてピカソがすごいのは、あの時代にこの作風を発表したこと!

見ていて胸が熱くなり、しばらくその場を動くことができませんでした。

今1番欲しいものは何と聞かれたら、迷わずピカソの画集と答えます!

誰も聞いてくれないので、いずれ自分で購入します(笑)

 

最後にはモネの作品があり、めずらしく写真撮影がOKでした。

DSC_4188

出口を出てのお楽しみはグッズ販売。

私はポストカード数枚をチョイス。ただ残念なことにピカソは無かったです(泣)

DSC_4201

せっかくなので、ちょっとゴージャスなフレームを買って飾りたいわ♪