現場ブログ

柴崎 貴大
ALCとモルタルについて
2019年4月29日(月)

みなさんこんにちは。

ゴールデンウィークに入りましたね。交通量が増えますので事故がないよう安全運転していきたいですね。

最近は風も強く寒い日がありますね。暑かったり寒かったり体調を崩しやすいため体調管理をしっかりとしていきましょう。

インフルエンザもまた流行っているみたいなので気をつけたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、ALCとモルタルについて紹介していきます。

まず、ALCについてです。

ALCは軽量気泡コンクリートと言い、主成分としましてはケイ石、生石灰、セメント、発泡剤でスウェーデン発祥の外壁材です。

内部には細かい気泡が無数にあり、これによって、高い断熱性、防火性を持つ外壁材ですが、

この気泡はすべて繋がっており、ひび割れなどが起きると雨が気泡を伝って内部に侵入し雨漏りをする恐れがありますのでひび割れには早急な処置が必要となります。

雨漏りをしてからでは遅く補修の費用も余分にかかる場合があります。

ひび割れ状況です。ここから水が入り雨漏りの原因になります。

シーリングによる補修後塗装で保護していきます。

ひび割れ状況です。

ALCの繋ぎ目のシーリングもとても重要となります。

このようにシーリングもひび割れがあると水が浸入し雨漏りの原因になります。

状況により打ち替えか増し打ちかを判断します。

横の目地は雨が降ったときに常に水が溜まってしまうため打ち替えを行うと安心ですね。

シーリングひび割れ状況です。

シーリングひび割れ状況です。

続いて、モルタルについてです。

モルタルとは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜてつくった材料で施工した湿式工法の外壁のことです。

この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、実は、この素材自体の防水性能は低いので、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。

モルタルもこのようにひび割れが発生します。

ここから水が浸入しますので注意が必要となります。

ひび割れ状況です。

ひび割れ状況です。

防水機能がなくなると水を吸ってしまいひび割れに繋がりますので定期的に塗装によるメンテナンスが必要となります。

いかがだったでしょうか?

このようにひび割れが発生すると雨漏りの原因になりますのでひび割れが発生したら早急に補修を行うことが必要となります。放置しておくとどんどんひび割れも酷くなりますので注意が必要です。

分からないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。