現場ブログ

岐阜県関市 外装リフォーム工事 H様邸

2018年6月24日(日)

みなさんこんにちは。

今週は天気も微妙な感じでしたね。

そして、最近は地震が多く怖いですね。地震が来たときの準備もしっかりとしておかないといけません。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、H様邸の工事紹介をします。

まず、素材説明です。

ALCと言う外壁材が使用されています。

ALCは軽量気泡コンクリートと言い、主成分としましてはケイ石、生石灰、セメント、発泡剤でスウェーデン発祥の外壁材です。

内部には細かい気泡が無数にあり、これによって、高い断熱性、防火性を持つ外壁材ですが、この気泡はすべて繋がっており、ひび割れなどが起きると雨が気泡を伝って内部に侵入する恐れがありますのでひび割れには早急な処置が必要となります。

外壁現況です。

IMG_4513

続いて、作業の紹介です。

まず、足場組立後高圧洗浄をしていきます。

高圧洗浄で汚れなどを洗い流していきます。汚れたままでは塗料の密着性や仕上がりも悪くなってしまいますのでしっかりと丁寧に洗浄していきます。

この高圧洗浄はとても重要な作業となります。

高圧洗浄作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨ1528339397329

高圧洗浄作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨ1528339559099

続いて、シーリング工事完了後養生(汚れてはいけない部分にビニール)を貼り塗装を行います。

まず、軒天塗装です。

ムラが出ないよう均一に均しながら上塗り2回塗装していきます。

軒天塗装作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨ1529654018727

続いて、鉄部の塗装です。

鉄部はまず、ケレンを行います。

ケレンとは、鉄部の汚れや錆びを落したりすることです。錆びていなくても塗料の密着を良くするため表面に傷をつけていくことを言います。

ケレン作業はとても重要となります。このケレンで手を抜いてしまうと塗装を行っても塗料本来の耐久性は期待できません。

ケレン作業ができていないと仕上がりが悪いだけでなく、塗装をしても数ヶ月で錆びが発生してきたり塗膜が捲れてきたりと不具合を起こしてしまいます。

とても重要な作業となります。

ケレン作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨIMG_20180621_163943

ケレン完了後錆び止めを行います。

錆び止めは金属の腐食を防ぐ効果があります。そして、上塗りとの密着を良くするためにも重要な作業となります。

錆び止め後上塗り1回目、2回目を行います。

錆び止め作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨIMG_20180621_165209

錆び止め作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨIMG_20180621_143244

その後上塗り1回目、2回目を行います。

続いて外壁塗装です。

まず、下塗りです。下塗りは上塗りとの密着を良くしたりととても重要となります。

たっぷりと塗っていきます。

下塗り作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨ1529643213203

下塗り乾燥後上塗りです。

塗り残しが無いよう丁寧に塗っていきます。その後上塗り2回目を行います。

上塗り1回目作業状況です。

・難ス・ス・ス・スⅨ1529653886989

いかがだったでしょうか?

今週はこの辺で、、、。