代表 三輪雄彦ブログ 不易流行

三輪 雄彦
今年も社員募集!まだまだ募集!!
2020年1月19日(日)

現在入社4ヶ月の18歳と入社1週間の19歳

現在2名の新人職人!

将来を期待しない訳にはいかない、建設業界、塗装業界の宝

 

先輩の指導の下、毎日学びの日々です!

 

逆にこの1年半で3人の1級技能士と、2名の2級技能士が退社しました。

退社は寂しい話ですが、皆現在協力業者として三輪塗装の仕事に関わってくれています。

独立というやつですね。

 

地元の若者を塗装を通じて立派な社会人に育てるという企業理念は達成されているのかなと感じています。

 

持論ですが今後塗装職人の価値は圧倒的に高くなって行くと思います。

人口が減少中の日本において、今後増加するということは現実ないと思います。

 

人口減少から建設市場の規模縮小という減少はまだまだおきてはいなく、

むしろ若者の建設業離れの方が進んでおり、市場に対して働く人が足らない状況が

これからも続くと思われます。

 

↑(御年69歳 職人歴45年以上になる土屋さん
自身の健康と後進指導とお小遣い稼ぎで週に4日出勤

生涯現役でいたい!と本人の強い希望もあります。
素晴らしい職人人生と言えるのではないでしょうか。)

 

塗装職人であれば、いくらでも仕事が舞い込んで来るということはなく

現実技術的、人間性等々 問題がある人など仕事を発注するはずもありません。

良い職人さんからしか仕事にはありつけない厳しい世界でもあります。

 

しかるべき技術と裏付けにもなる免許、資格は必須ですし、

道徳やマナー、報連相ができることも高評価につながり、

一流職人となり人気の職人、引っ張りだことなるために大切な要素だと思います。

 

 

正直、仕事はしようと思えばいくらでも選択肢があり

塗装を選択する理由もないのかもしれません。

 

それでも塗装会社にも

たくさんのやり甲斐、また業種としの未来性や安定性もある仕事だと思います。

 

・誰でも簡単にできないこと、一生ものの技術と知識は専門性を尖らせて、それを生きる力にできます。

・自分の成果が目に見え、仕上がる喜びを感じることができます。

・全ての建物は人や商品を守る為に存在し、それを守るという意義ある仕事です。

・建物がある以上、決してなくならない市場があります。

・全国どこへ行っても必ず存在する仕事です。

 

そして(有)三輪塗装では皆で掲げた決意をしました。

「岐阜県でNO.1のいい塗装会社になる」です。

 

良い会社の定義はこれから皆で考えて行きますが、単なる売上NO.1とは異なります。

(現在、帝国データバンク調べでは2位でした)

そのために、一緒に働いてくれる仲間を募集しています。

 

でも誰でも即OKってことではありません。

まず「こんな人と一緒に働きたい!」をみんなで考えました。

 

逆に「こんな人はイヤだ!」も考えました。

そして三輪塗装は「飾り気がなく真面目でたくましい会社です」

飾り気がない故に誕生日だからと言って帰社したらケーキが出てきたりとかいう

サプライズ企画とかはありません・・・

 

むしろ真面目で仕事に真剣モードの人が多いので、

だらしない人、小さな嘘つく人、時間にルーズな人、朝が苦手で遅刻が多い人は

目をつけられることがあります。

 

転職は大変なエネルギーが必要だと思います。

誰しも転職を繰り返したいと思っているわけではないと思います。

どうでしょうか?

生涯をかけて学び、成長し、心身共に気持ち良く働ける仕事に就きませんか?

 

こちらのスタンスは独立はあれど、生涯のお付き合いを希望します。

 

まだまだ足らないものだらけの三輪塗装ですが、

一緒の上目指していける人と一緒に働きたいです!

 

 

お読みくださった皆様のご子息、親類関係、知り合いなど
社員としてご紹介頂ける方が見えたら是非情報お願いします!

がっつり育てて、立派な塗装人、建築人、社会人に育てさせて頂きます!

 

採用特設サイト

https://miwa-recruit.com/

三輪 雄彦
ミスター中日ドラゴンズの訃報・・・
2020年1月18日(土)

言わずと知れた記憶にも記録にも残る俊足巧打の大選手、スーパースター❗️

 

朝一、新聞を見るや

 

まさかの訃報・・・

 

小学校の頃に中日球場で見たバックトス

 

在籍する関ロータリークラブでは、名誉会員として在籍下さり

関市中学生野球大会”高木守道杯”においては長年大変お世話になりました。

 

つい1ヶ月前田も閉会式で野球教室をして頂いたばかり・・・


そんなご縁から数年前にはゴルフを一緒させて頂き、

その時守道さんがエージシュートを達成されたのは鮮明に!

 


堅物とか言われてましたが、職人気質、かっこいい人だなぁと心から思います。


今はただただ、高木守道さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

 

三輪 雄彦
外国人労働者「48%が積極受け入れすべき!」からの反論「建設業頑張ろう」
2020年1月11日(土)

お役目で今年初の外国人そう同社の実技技能試験の立ち会いに!
月に1回程度位ですこの10年ほどお手伝いさせていただいてます。

 

今朝の日経にも記事が上がってましたが、

外国人労働者の受け入れについての記事がありましたね

・積極的に受け入れるべきだ 31%

・好ましくないが仕方ない 50%

容認組は80%を超えています。

若い世代18~29歳においては48%が積極受け入れすべき!だと

なんともかんとも・・・

 

 

この10年間で、実習生の変化を肌で感じてきました。
以前はもっと中国が多かったですが、
最近はベトナム、フィリピン、カンボジア、インドネシア
といった東南アジア諸国の方々が多いですね。

 

そんな中、日本企業に人気はベトナム国みたいでね。
勤勉、温厚という国民性が人気のようです。

 

実際は国民性と言っても全員が勤勉、温厚なはずもなく、
データによると実習生入国した外国人の中で最も犯罪者数が多いのはベトナム人ですからね。
犯罪は一定の割合で発生するということですかね

 

それよりベトナム国の経済の状況と言いますか、
賃金の安さが日本から見て魅力なんでこちらからアプローチしているということですよね。

 

 

中国もかつては低賃金で来てもらえましたが、現在は中国国内の賃金も上がり、
わざわざ日本に来る必要がなくなったと言うことですから、
いずれベトナム国も来なくなると言われてましたが、すでにその兆候は現れています。

 

ほんの数年前までは日本人が行って「この人、気に入った!」で、
即来日だったのが、ベトナム国の成長で国内に仕事があったり、
受け入れをしたい国が増えたことで(韓国、ドイツ、ロシア等)、
簡単には日本の企業が受け入れることができないようになったようです。

 

また日本国内の企業でも私たちのような建設業はベトナムの人からすると
大変危険な作業と言うイメージがあるそうで、
すでに人気がない業種になっていると聞きます。

 

今後は世界各国のみならず、日本国内においてもベトナム実習生の
争奪戦が繰り広げるられることになっているわけです。

 

より条件で作業が楽なところ…ですので建設業はやっぱり人気薄なわけですよね。
試験であったベトナム人、本人も言ってました。

「建設現場アブナイ・・・」

 

 

 

因みに三輪塗装ではそこまで深刻な職人不足を感じていません。

頭数も少しづつ増えています。

現在塗装職人だけですと40名ほどお付き合いさせていただいてますでしょうか

 

それぞれの施工担当者の人間的魅力とでもいいましょうか、

と言いますか各幹部が頑張って職人を確保をしており、
結果的にそこまで深刻な職人不足を感じていません。
会社の協力業者満足を高めるの方針とそれぞれの施工担当者の人間的魅力がプラスされ、
そこそこ満足してお付き合いしていただけていると思っています。

 

例えば適正な支払額、スピーディーな支払い条件は必須ですが、
スムーズな監督の段取り采配も非常に重要です。
協力業社会においては皆さんに感謝の思いを表していますし、
下請けと言う弱い立場にしているのではなく、
いつも感謝の気持ちを持ってお付き合いをさせていただいてます。

 

三輪塗装の施工体制は充実していますので、
結果的にまだまだ外国人の手を借りることはなさそうです。

 

因みに外国人採用に否定的な会社という訳ではなく、
むしろ異国の地から日本の産業の為に来て頂き感謝しかありません。

 

ただ三輪塗装としてはできる限り日本を元気にしたい!
ここは日本なんだし日本人で構成したいという思いなだけです。

 

採用はやむにやまれず必要になったときに考えようと思いますが
建設業もっと入りたくなるような業界にしていこうぜ!って話です!

 

 

 

 

三輪 雄彦
由布岳~湯布院温泉 大分満喫
2020年1月7日(火)

年末年始11連休の終盤にしてようやく恒例の家族旅行!

と言っても20歳も大きく過ぎた息子らは別なんで夫婦旅行。

 

私以外の3幹部(下請、法人、公共)は既に仕事をスタートしているところが、

大変気になるところですが、会社としてはまだお休み中!

始まったらハードワークぶっ通してなんでご勘弁を🙇‍♂️

 

 

今回は大分 由布岳登って、湯布院温泉泊

見事な晴天の中、山に登り、温泉入って美味しい料理と酒

至福のひとときでありました。

 

由布岳は登山初心者でも登れる安全な山です。

ほとんどの工程は急勾配なところ、岩場(ルートによる)もなく体力に合わせて自分のペースで登れば

必ず頂上付近まで到達できます。約2時間です。

 

由布の町並みが一望できる頂上からの眺めは最高ですよ!

 

頂上最後は東と西に分かれていて、若干低い西を選択したら難関の岩登り…

このガケを登ってやろうと思いましたが断念😩

日没時間までの時間がギリだったこと、
経営者がここで怪我をしたらやっぱアカンだろうと・・・

って言って本当はビビったんですけどね😓

 

↓ こんなんでビビったら槍ヶ岳に行けない・・・

 

自分は仕事大好き人間なんですが、

5年ほど前に50歳も近くなるし、仕事以外でも一生懸命になれることを作ろう

なるべく長い間楽しめるものをと登山、ゴルフ、バンドを始めました。

 

そのうちの登山!

本当にいいと思います。

沢山の得るものがあります

  1. 登頂の達成感を味わうことができる。
  2. 非日常、美しい景色を眺めることができる。
  3. 心身共に鍛えられる。リフレッシュ出来る。
  4. 危機管理(備え)能力が向上する。
  5. 日本全国を旅することができる。
  6. 温泉やグルメはセット。
  7. 歳をとっても楽しめる。
  8. 夫婦揃っての趣味に出来る。
  9. そっと自然界に入れて頂くという感覚。(取ったり殺したり一切しない)

 

趣味と言うものは少し無理しないとできないレベル、奥が深いものが面白いですね

ゴルフもバンドも、のめり込んだらキリがない物

1つ1つでも大変なんですが、私はあえて3つ選び

薄く広く長く辞めないことを自分に課してやっています。

 

「ルールは身の危険は避ける、仕事に支障を来すような時間は使わない」

あとは苦労する、疲れる、ストレスになることをあえて行うこと

じゃないと上達しないので!

 

仕事も頑張る、遊びも頑張る

なんでも頑張るからこそ人生も楽しいってもの

「俺はもうこんなもんでええわ~」って言った瞬間から

人生の消化試合、意味のないものになってしまう

 

死ぬ間際まで明るく元気に爽やかに、居られるためにも

自分に適度なストレスと刺激を与え続けて行こうと思います。

 

今年53歳 ぼけ~っとしている時間などはない!

2020年も張り切って参ります!

 

三輪 雄彦
大正9年生まれ 今年御歳100歳
2020年1月4日(土)

お盆と正月の年2回だけだけど必ず顔見せに行くおばあちゃんち

正直「雄彦」の名前も誰なのかも危うい(^_^;)

 

新聞を読んで字も書けるという話だったので家系図を書いてあげた!

「こうやって書いてくれればわかるわ~」と(笑

 

1920年 大正9年生まれ 今年御歳100歳❗️

まだ買い物もいくし、坂道もあげれる

凄いですよね〜

 

三輪 雄彦
関高等学校 第38期生 同窓会 開催
2020年1月3日(金)

岐阜県立関高等学校 第38期生として入学し1986年に卒業して
今年2020年で34年が経ち、
4回目の同窓会が行われました。

約100名の仲間と10名の恩師とで盛大に行われました。

「久しぶり~」「変わらないね~~」「変わったな~~」
様々な声が飛び交う

変わらないはずがない
変わって当然・・・

しかしちょっとだけでも若く見られようと
背筋を伸ばし
腹筋に力を入れる
そして笑顔で(笑

できたら若く見られた方がいいですからね~

同窓会長の挨拶、恩師の挨拶が終わり
宴が始まっても今回は少し気を使った

地元在住の仲間中心で設営側って事もあったんで

気持ちは一瞬にしてタイムスリップ
そう気持ちだけは変わらないね~と(笑

あちこちで会話が弾む

52歳
子供の話、更に飛び越して孫の話
介護の話、死別の話、仕事の話
もちろん、青春時代のバカは無し、
誰それが誰それのことが大好きだった
ケンカした、泣いた

僕らのテーブルに見えたs先生がこんなお話をして下さった。

な~みんな 生きるって本当に難しいよね~

僕はね、今年年始に3つの誓いを立てたんだけど
なかなかそれが上手くできないんだよ

1つめは僕は剣道を長年やってんだけどね
剣道は叩く武道なんだ、叩いて教えるんだけ
これを叩かせて教える事ができないかと考えたんだ
でもね、初稽古で叩かれてムキになって、叩き返してしまったの
だから、1つめは年始早々に×

2つ目は若い人と話すこと、聞くこと
これも今日、今自分の事ばかり話してるから×

3つ目は身嗜みをしっかりする
これもさっき猫背になってたから×

一つもできないんだよ
人間、死ぬまで勉強
一生自分を戒めながら、目標立ててやんないとな~~

先生と生徒の関係は生涯変わら
学生時代の仲間も生涯変わらず

次回は第5回目として2025年に行われます。
ここ数回は回を追うごとに減少傾向の出席者数ですが、次回はまた盛り上がりますように。

 

今回、写真係を行っておりました。
LINEでつながって見える仲間はそちらからDLして下さい。
もしLINEを活用してない方は、メールにて連絡下さい。

info@p-miwa.co.jp まで

三輪 雄彦
新年明けましておめでとうございます
2020年1月1日(水)

2020年 令和2年

新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申しあげます

 

始まりましたね〜 あっという間の令和1年からの2年です

 

元旦は恒例の明王山からの初日の出!

今年は例年に増して凄い人数で、「350名ほど見えたんじゃないかな~」
と関係者談を耳にしました。

 

令和になって最初の日の出と言うこともあってのことでしょうかね?

しかし素晴らしい晴れ空、気温も温かく、絶好の初日の出日和でした。

 

帰って家族揃って雑煮食べて、

年賀状分けて、春日神社行って、合間に昼寝して、

毎年の如く自宅でぐ〜たらなスタートです

 

 

毎年思います。

どんな年になるだろうか?

どんな年にしようか?

明るい未来が待っているんだろうか?

自信を持って意気揚々といきたいところですが、なかなかそんな心境になれず、

不安な気持ちでの船出は毎年変わりせん。

小心者、恐がり、神経質・・・そうは見えないようですけど(笑

それでも仕事もプライベートもチャレンジ精神を持って

大変なことを明るく楽しく清々しく、

イケイケいけない、適度にテキトー、奥田民生ismで!

自分らしく肩の力を抜いてやってまいります。

今年53歳 何卒よろしくお願いします

 

 

玄関の正月飾り

こういったものに「美、趣」を感じる年になりました(笑