スタッフブログ

足立 愛子
沖縄へ
2022年4月21日(木)

母の喜寿のお祝いで姉と沖縄旅行をプレゼントすることにしました。

すごく久しぶりの飛行機に胸躍らせ那覇空港に到着。

空港内でソーキそばとモズク餃子を食べました。

レンタカーを借りて首里城公園へ。

各門をくぐりながら再建中の首里城の脇を通り、石の城壁の道を上りました。

以外に小高い山の上で、眼下の街と奥に見える海の景色にテンションアップ。

海を見るとなぜだかテンションがあがるのは岐阜県民あるあるでしょうか。

 

今回の滞在はホテルハレクラニ。

身分不相応な高級ホテルです。

お祝いだからと気張りました。

ウェルカムドリンクで南国気分を高めてくれます。

部屋はもちろんオーシャンビュー。

白いビーチには黒い軽石が打ち上げられ、未だ被害が見られますが海の色の美しいことよ。

 

夕食はホテル内の日本料理「青碧蒼(AOMI)」で頂きました。

料理どれも繊細で、計算されつくした料理。

 

カウンターで調理師の方が会話をしながら提供してくれます。

この料理の腕もさることながら、会話のうまさたるや。

味が一層引き立つようです。

 

翌日はホテルのビュッフェで朝食を取り、定番の美ら海水族館へ。

ジンベエザメにマンタの優雅に泳ぐ姿は、沖縄のゆったりした時間の流れの象徴のようです。

その後近くの古宇利島を目指しました。

古宇利大橋と海しかない景色を楽しめました。

島内で、食堂へ入り、ウニ海ブドウどんぶり2500円也を、3人でシェア。

ウニの量も味もサイコー!

昼過ぎにホテルへ戻りプールとショッピングを楽しみ、高級ホテルを満喫。

夜は、またしてもホテル内のステーキ店「キングダム」でステーキを頂きました。

ステーキもおいしいですが、マッシュポテトがうんまい!

最終日、朝食はエッグベネディクト。

黄身がトロトロで美味しソースのかかった本物やー。

朝市は、沖縄と言えばの万座毛らしいので、そちらで象の鼻のような岩を見学。

万人も座する野原の意味を持つ万座毛は雄大な景色でした。

 

空港方向へ向かいながらまだ少し時間があるので、中城城跡のガイドがよいらしいので行ってみると、ガイドはコロナ期間で中止中とのこと。

あきらめて近くの中村家という住宅を見学しました。

シーサーが守る赤い瓦葺きの平屋の住宅は、今の朝ドラ「ちむどんどん」の家とそっくり!

暖かい沖縄の暮らしがうかがえました。

 

最後は空港近くの新観光スポット「ウミカジテラス」へ行って、飛行機を眺めながらハイナンシーハンを食べました。

3日間振り返ると、景色も食事も経験も最高!

あまり興味がなかった沖縄ですが、今度はもっとディープな沖縄を体験したいです。