現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県岐阜市 外装リフォーム工事 H様邸
2019年9月11日(水)

みなさんこんにちは。

ここ最近はまた真夏の様に暑いですね、、、。しっかりと体調管理していきたいですね。

急な雷雨にも十分気をつけていきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は岐阜県岐阜市H様邸の工事を紹介していきます。

まず、外壁・屋根の素材説明です。

屋根は薄型スレートと言われる屋根材が使用されています。

主成分は85%がセメント15%がアスベスト等で構成されています。

欠点としましてはセメントが主成分の為、塗装の防水が切れると水を吸ってしまい屋根材が劣化してしまいますので定期的に点検しメンテナンスを行う必要があります。

外壁は、セメント系ボードが使用されています。

屋根同様セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となりますので定期的に点検しメンテナンスを行う必要があります。

続いて、作業の紹介です。

まず、高圧洗浄です。

経年劣化による汚れやチョーキングを洗い落としていきます。

塗料の密着に影響が出ないようキレイに洗っていきます。

屋根高圧洗浄作業状況です。

外壁高圧洗浄作業状況です。

高圧洗浄の際に樋の中も洗っていきます。

普段掃除ができないのでこの機会にキレイにしていきます。

樋中高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは経年により硬化やひび割れを起こします。

放置しておくと水が入り外壁の腐食に繋がりますので注意が必要となります。

こちらも定期的に点検しメンテナンスを行うことが重要となります。

既存のシーリングの上に打設しても厚みの確保ができない場所は既存のシーリングを撤去し新しく打設していきます。サッシ廻りのシーリングも厚みの確保ができない場所は撤去し打ち替えていきます。

厚みが確保できる場所は既存のシーリングの上に打設していきます。

シーリング撤去作業状況です。

続いて、プライマー(接着材)を塗っていきます。

密着を良くするために重要となります。

プライマー塗り作業状況です。

続いて、シーリング打設です。

厚みを確保しながら打設していきます。打設する量が少なすぎては意味ありませんからね、、、。

シーリング打設作業状況です。

続いて、シーリングの均しです。

均一に均していきます。

シーリング均し作業状況です。

シーリング完了後塗装工事に入っていきます。

いかがだったでしょうか?次回塗装工事について紹介していきたいと思います。

ではこの辺で、、、。