現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県岐阜市 外装リフォーム工事 I様邸
2019年7月15日(月)

みなさんこんにちは。

なかなか毎日天気が不安定で作業が思うように進みません。

梅雨が明けるまでもう少しの辛抱ですね。しかし、梅雨が明けると一気に暑くなるので体調管理をしっかりとして作業を行わないといけませんね。

余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回はI様邸の前回の工事の続きを紹介していきたいと思います。

前回はシーリング工事まで紹介しましたので次は塗装工事についてです。

シーリングが乾燥後まず、サッシ枠や土間など塗料を塗らない場所にビニールやブルーシートを貼っていきます。

この作業を行わないと汚してはいけない場所にペンキが付いてしまいみっともなくなってしまいます。

そして、もうひとつ養生には重要な役割があります。それは、ライン出しです。

サッシの枠と壁の取り合いのラインが養生をしっかりと行わないとガタガタになりみっともなくなります。

ですので、しっかりとラインを出すためにもまっすぐにキレイに養生を貼っていきます。

ここは職人さんの腕の見せ所でもあります。

養生が終わったら付帯部の塗装を行っていきます。

鉄部はまず、ケレンを行います。錆を取ったり傷を付け密着を良くしていきます。

ケレン作業状況です。

ケレン後錆び止めを行います。

錆び止めを塗らないとすぐに錆びが出てきたりしてしまいます。

鉄部にはしっかりと錆び止めを塗ることが大切です。

錆び止め完了状況です。

錆び止めが乾燥したら上塗り1回目を行います。

塗り残しがないようしっかりと塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目は外壁の塗装が完了後仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

軒天も外壁の塗装前に塗っていきます。

軒天上塗り1回目作業状況です。

軒天上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装工事です。

外壁の繋ぎ部分はガスケットが使用されていますのでまず専用の下塗りを入れていきます。

ガスケットは専用の下塗りを入れないと塗装してもネチネチしたりガスケット部のみ汚れてしまったりと不具合が起きたりしますので注意が必要です。

ガスケット部専用下塗り作業状況です。

続いて、外壁下塗り工事です。

下塗りは下地の調整をしたり上塗りとの密着を良くしたりととても重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

たっぷりと塗り残しが無いよう塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら丁寧に塗装していきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事は進んでいきます。

では、この辺で、、、。