現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県美濃加茂市 外装リフォーム工事 H様邸
2019年2月16日(土)

みなさんこんにちは。

今週は気温も上がって昼間は結構暖かいですね。

もう2月も中旬です。そろそろ花粉の季節もやってきます。マスクが欠かせなくなりますね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、美濃加茂市H様邸の工事を紹介していきたいと思います。

足場組後まず最初に高圧洗浄を行います。

高圧洗浄は外壁や屋根のコケやチョーキングを取り除くのにとても重要な作業となります。

高圧洗浄をいい加減に行ってしまうとどんなにいい塗料を使用しても塗料の密着が悪かったりと不具合を起こしてしまい塗料本来の力が発揮されませんので注意が必要です。

高圧洗浄作業状況です。

高圧洗浄時に樋の中の洗浄も行います。

普段樋の中は掃除できず泥や葉っぱが詰まっている場合がありますのでこの機会に清掃していきます。

樋の中洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線には弱くまたシーリングに含まれる可塑剤(柔軟性を与えるために加える)と呼ばれる薬品の寿命によりシーリングが硬くなったりひび割れなどを起こします。

放置しておくとシーリング部から水が入り外壁の腐食などに繋がりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

シーリング工事の際、厚みが確保できない部分は一度撤去し新しくシーリングを打設していきます。

これを増し打ち工事で済ませてしまうと数年ですぐにひび割れを起こしますので注意が必要となります。

シーリング撤去後プライマー(接着剤)を塗布していきます。

プライマー塗布作業状況です。

プライマー乾燥後シーリングを打設していきます。

厚みをしっかりと確保し打設していきます。その後シーリングをキレイに均していきます。

シーリング打設作業状況です。

シーリング乾燥後養生(窓枠など汚れてはいけない部分にビニールを貼る)を行い塗装工事に入っていきます。

まず、軒天塗装です。上塗り2回行います。

軒天上塗り1回目作業状況です。

軒天上塗り2回目作業状況です。

続いて、付帯部などの塗装です。

鉄部はまず、ケレンを行います。しっかりと錆びを削ります。

ケレン作業状況です。

ケレン後錆び止めを行います。

錆び止めを塗らないとすぐに錆びが出てきたりしてしまいます。

鉄部にはしっかりと錆び止めを塗ることが大切です。

錆び止め作業状況です。

錆び止めが乾燥したら上塗り1回目を行います。

上塗り1回目作業状況です。

上塗り2回目は壁の塗装が終わり次第仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装です。

外壁の繋ぎ部分はガスケットが使用されています。

ガスケットは専用の下塗りを入れないと塗装してもネチネチしたりガスケット部のみ汚れてしまったりと不具合が起きたりしますので注意が必要です。

ガスケット部専用下塗り作業状況です。

続いて、下塗りです。

下塗りは上塗りとの密着などを良くするためにとても重要な作業となります。

そのほかにも外壁の下地の吸い込みを止める役割もあります。吸い込みが止まっていないと上塗りを塗装してもムラが出たりするため注意が必要です。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

塗り残しが無いようたっぷりと塗布していきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら塗装していきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

今週はこの辺で、、、。