現場ブログ

薄型スレート瓦 最強ひび割れ補修材 タスマジック

2018年2月10日(土)

こんにちは。

春らしさの片鱗を感じることがある今日このごろです。

まだまだ寒いため、屋根の塗装工事は3月以降からスタートとなります。

そんな春の屋根塗装に向けて、素晴らしい補修材のサンプルを頂きました。

 

屋根の縁切り工事に必須である、「タスペーサー」を開発させたセイムさんの新商品です。

写真 2018-02-07 8 00 32

その名も「タスマジック」

ひび割れた薄型スレート瓦のひび割れを、両面から直し本来の強度よりパワーアップするとのことです。スゴイ。

DSCN8243

劣化の進んでしまった薄型スレート瓦では、屋根材自体のひび割れが起ってしまいます。

DSCN8247

10年を過ぎてくるとこういった感じになってきます。

DSCN8246

ひび割れ部はシーリング等による補修と塗装を行っても、なかなか長持ちしません。

DSCN8245

ひび割れが進行し、割れてしまう箇所も出てきます。

IMG_0131

あまりに欠損が多いと、ガルバリウム鋼板で部分的にカバーをするという方法で修繕をすることもあります。

IMG_0160

問題点としては、薄型スレート瓦と板金材の表面に差が出てしまうため、

このようにツヤ感がまるで違ってしまいます。

 

そこでこのタスマジックの登場です。

ひびわれをピンポイントで強固に直せる優れものです。

写真 2018-02-07 8 00 58

サンプル品の薄型スレート瓦はキレイに割れすぎていたため、

接合面を削って実際の劣化に近い状態にしてみました。

写真 2018-02-07 8 01 30

まずは使用方法のチェックです。

袋内部でA液とB液を混合し、使用するようです。

写真 2018-02-07 8 02 22

折り曲げで力を入れると、仕切り部分の接着が外れ、2部屋が1部屋になりました。

写真 2018-02-07 8 03 53

均一になるまでごねごねしました。

意外と粘度があり、水あめのような固い感じの液体です。

 

屋根材のひび割れ部分に上から垂らしていきます。

写真 2018-02-07 8 05 57

ヘラで少し均して、一旦完了です。

写真 2018-02-07 8 07 40

浸透して両面から接着するとありますが、

混合し、垂らした感じからすると、ホントに浸透するのかな?と半信半疑です。

しかし、作業は完了なので待つだけです。

写真 2018-02-07 8 07 58

室内なので、冬場の晴れ設定くらいでしょうか。

硬貨までおよそ180分とします。

写真 2018-02-07 10 38 08

硬化完了です。

材料のヤセも少なく、いい感じの仕上がりです。

写真 2018-02-07 10 39 03

裏を見てみると、バッチリ浸透していました!

疑ってしまいまして、申し訳ございません。

高粘度かつこの浸透力、素晴らしい商品です。

 

あとは強度試験です。

マンパワーで計測します。

写真 2018-02-07 14 36 05

意外とパワー型の柴崎くんにお願いしました。

「ほんとにやっていいんですか?」と半信半疑です。

写真 2018-02-07 14 36 11

「あ、あれ!?めっちゃ固い!」

写真 2018-02-07 14 36 18

「負けてたまるか! 100%中の100%だッッ!!」

写真 2018-02-07 14 36 45

 

「割れました…!めっちゃ手いたいっす…」

写真 2018-02-07 14 37 46

柴崎君のおかげで見事割れましたが、接着面はびくともしていません。

写真 2018-02-07 14 38 05

 

すばらしい強度です。

本来の薄型スレート瓦以上の強度が出ている という、カタログ通りの仕上がりです。

素晴らしいです!

多少の水分が残っていても使用可能とのことで、実践投入が楽しみです。