三室 泰生
窯業系サイディングに石調セラミック塗装をすると
2023年5月10日(水)

営業の三室です。

 

本日は石調セラミック塗装についてです。

 

はじめに、セラミックとは陶器の破片や天然石のことであり、これを吹き付けするものを

石調セラミック塗装といいます。

 

仕上がりはボリューム感があり、硬い・重いといった印象です。

 

このセラミック塗装ですが、窯業系サイディングとは非常に相性が悪いです。

 

塗装の工程としては、①下塗り ②吹き付け ③クリア塗装となります。

 

この③クリア層が剥がれてくると、セラミックがむき出しの状態となります。

 

これが雨や紫外線で風化してくると、ものすごく水を吸いやすい素材へと変化します。

 

 

窯業系サイディングの場合、窯業系サイディングにまで水気が達してしまうため、腐りなどが発生します。

 

そのため相性が悪いのです。

 

対してコンクリートにセラミック塗装は非常に相性がいいです。

 

あくまで、適材適所ということですね。