二宮 寛
劣化要因「ラジカル」

2023年4月29日(土)

こんにちは営業の二宮です。

 

 

ラジカルとは、塗料に色を付ける顔料の主成分である「酸化チタン」が、

 

 

影響を受けることで発生する劣化因子です。

 

このラジカルが発生すると、樹脂の結合が破壊され、塗膜の劣化が進行してしまいます。

 

 

三輪塗装がおすすめしている「超低汚染リファインシリーズ」では、

 

 

ラジカル制御型白色顔料を採用していて、ラジカルが発生しにくく

 

 

発生した場合にもシールド層がラジカル放出を防ぐため、樹脂の破壊を抑える。

 

 

また、三輪塗装が使用する「超低汚染リファイン」のプラチナシリーズでは

 

 

ラジカルを捕捉「HALS(光安定剤)」が配合されており、ラジカル制御型白色顔料の補完として

 

 

ラジカルによる塗膜劣化を抑制します。

 

そんな「超低汚染リファイン」のプラチナシリーズを使えるのは

 

 

塗料メーカーが認定した全国約2500社の内厳選された優良施工店約200社だけなんです!

 

 

大切なお家を守るために信頼できる会社を選びませんか?