色のついた外壁塗装を長持ちさせるコツとは?【カラーサイディング】【クリア塗装】

※MIWA Tube動画『色のついた外壁塗装を長持ちさせるコツとは?【カラーサイディング】【クリア塗装】』(リンク先の動画は音声が出ます)の内容を解説しています。
動画と同じ内容です。

目次

おしゃれな壁のメンテナンスにはコツがいる
新築時の色・柄を維持したい!
塗装しないままで15年以上経つと・・・
塗装だけじゃない!もうひとつのポイント
まとめ

おしゃれな壁のメンテナンスにはコツがいる

世の中を見渡すと、
いろんな色のカッコいい外壁がたくさんありますね。

おおおくは窯業系サイディングと呼ばれるモノで、
タイル模様、コテ模様、木目調、石調などなど、
実にいろんなガラ・模様・パターンが存在します。

新築時にはこの多種多様なサイディングを選ばれた方は、
かなりこだわって色を決められたのではないでしょうか。

そんなかっこいい、おしゃれな外壁材ですが、
実は何もしないと10年ほどでいろいろと不具合が出てくることをご存じですか?
要するにメンテナンスしないといけないと言うことです。

新築時の色・柄を維持したい!

では、新築時の色を維持するのに、どうしたらいいでしょうか?
一つの方法は、建ててから10年程度でクリア塗装をすることです。

新築時のサイディングには、
表面をコーティングするためのクリア塗装が塗られています。

そのクリアが多くの場合、10年くらい経つと劣化し、色があせて来たり、小さな欠けを発生させます。

そこでクリア塗装をすれば、
さらに10年くらい、またそれ以上、新築時の色味をキープできるという訳です。

塗装しないままで15年以上経つと・・・

もし、何もしないで15年くらい放っておいたとします。

もう、そのときでは、
色褪せが進み、時に色が剥げしまったり、割れ・かけを発生させたり
そうなってしまうと、
その上からクリア塗装をしても意味がありません。
新しく塗り替えるしかないでしょう。
塗り替えるとは何色かはさせておき、おしゃれな柄・模様が塗りつぶされてしまう訳です

ですので「新築時の模様・ガラを維持したい」のでしたら、
10年目、くらいにクリア塗装を塗ることをおすすめします。

クリア塗装は、
新築時に塗ってあるものと比べて性能は断然よいものとなっています。

10年目にちゃんとクリア塗装しておれば、
色がキープできるだけでなく外壁の寿命も延びます。

塗装だけじゃない!もうひとつのポイント

ちなみに、外壁のメンテという意味では、
10年目にコーキング部分も補修をしておくと良いでしょう。

コーキングとは、この写真の通り、
外壁に使われているサイディングの板と板を埋める充填剤のことです。
シーリングとも言います。

コーキングは、材料や環境によりますが、
10年程たつと油が抜けて堅くなり、
「しわが入り、その後ひびが割れ」が見られるようになります。
10年でこのくらいです。

そのまま放っておき、15年を経過すると、劣化スピードは加速し、
コーキングがボロボロになって、落ちてしまいます。

するとその亀裂の隙間から水が侵入しだします。
サイディングボードは、たいへん水を良く吸う素材である事は、
皆様あまり知られていない事ですが、塗装してない面、
切り小口や、裏面は実によく水を吸います。

水を吸うと伸び、乾燥すると縮む特性があるので、
伸び縮みを繰り返すことになります。
更に夏の暑さはそれを加速させます。

そうなったら、サイディングボードが反ったりし、縮んだりして
ボードを止めている釘廻りを中心にひびが入ります。
割れてしまいます。

こうなってくると、さらに雨水が侵入し、劣化が加速度的に進行します。
結果的に大がかりな外壁リフォームになります。

まとめ

まとめますと、クリア塗装とともにコーキング部分の補修をしておくと、
色も外壁も長持ちさせることができるということです。

もし、ご興味があれば三輪塗装では、
クリア塗装、シーリングの補修だけの施工も請け負っています。
つい最近でも何件か施工させて頂きましたが、
施工範囲は痛んでいる場所だけ!
場合によっては劣化の激しい南側など、
一部のシーリング補修だけも大丈夫です。

費用も7万円の方、15万円ほどかかった方、ありますが、いずれにしても予算はそのくらいでした。

お気軽にご相談ください。