スタッフブログ

足立 愛子
補助金制度について
2021年4月5日(月)

最近、「塗り替え工事で補助金制度の利用はできるの?」というご質問を何度か受けましたので、簡単に説明したいと思います。

補助金制度は各市町村によって異なります。

 

まず関市の方、3世代同居のリフォーム費用の助成事業があります。

対象者・条件はいくつかありますが、主に以下の条件となります。

①3世代同居平成30年4月1日から令和5年3月31日までに親、または子が市外から関市に転入することで3世代同居となる世帯の方

②転入から1年以内であること。

③対象住宅の所有権が3世代のうちのいずれかの名義であること。

④孫世代が18歳未満であること。

⑤昭和56年6月1日以降に建築された住宅であること。

などなど。

3世帯同居になる事で、リフォームが必要な方向けですので、かなり限定されます。

助成金額は最大20万円で、改修費の1/2までです。

 

次に美濃加茂市の方、美濃加茂市住宅工事等補助金制度があります。

①以前に同様の美濃加茂市の補助金を受けていない方。

②美濃加茂市に住民登録があり、その住宅に住んでいる方

③美濃加茂市内に本社のある会社に依頼して行う工事

補助金額は10万円が限度で、工事費の20%までです。

 

岐阜市や富加町、坂祝町の方は残念ながら塗装の改修費の助成金は無いようです。

どの市町村も、耐震診断や耐震改修、省エネ、バリアフリーなどの改修に関しては助成を行うようですが、

単なる塗替えではだめなようです。

あくまでも、現時点での施策ですので、この先、景気が良くなればまた状況が変わるかもしれませんし、

年度ごとに予算がついたりすることも有るようなので、

リフォームを思い立った時点で、市町村に確認すると良いと思います。

また、申し込みには各種書類の準備や作成が必要です。

そうした手続きをある程度、お手伝いしてもらえる会社を選ばれると良いと思います。