スタッフブログ

足立 愛子
保証もいろいろあるけれど
2019年2月9日(土)

こんにちは。

サポートスタッフの足立です。

 

皆さんは物を購入する時、特に家電などは保証が何年くらいつくのか気にされるのではないでしょうか?

また保証の内容もどの程度、どの範囲で保証されるのかも気になるところですよね。

「価格が高くても5年保証が付いているから良い製品ということだよね。」

「安いから保証が無くても当然か。」

「保証と価格、どちらに重きを置いて選ぼうか・・・」

といった心の内の声が聞こえてきそうです。

 

さてわれらがプロタイムズ岐阜関店有限会社三輪塗装の保証はどうでしょうか?

私たちはチラシやHPでも3大保証を謳っています。

1つめは私たち有限会社三輪塗装としての保証。

2つめはプロタイムズ本部の保証。

3つめは住宅あんしん保証の瑕疵保険の保証です。

 

1つ目の三輪塗装の保証は「会社として不具合に対応しますよ」というものです。

自分たちが塗装した塗装工事に対して責任をもって対処するのは当然ですよね。

小さな塗装屋さんも、大きな塗装会社も「不具合が出たら直します!」というのは簡単に言うことができます。

でも不景気のあおりを受けてその会社が倒産したら?

倒産してしまってはどんな会社も保証できません。

 

そこで2つ目の保証、プロタイムズ本部の保証です。

三輪塗装が万が一倒産したとしても、全国120店舗以上の加盟店で展開するプロタイムズですから、

加盟店のいずれかが保証対応を行うことができます。

 

これらの2つの保証は、使用する塗料や建物の状況によって異なりますが10年までの間で設定されます。

そして、保証内容がよく勘違いされがちなのですが、あくまでも塗膜保証です。

サイディング等の外壁面上の塗膜が、めくれたり、膨れたりする不具合に対しての保証になります。

残念ながら、シーリング上の塗膜は切れるものですのでご了承ください。

 

3つ目の保証は三輪塗装保証、本部保証とは意味合いが少し異なります。

住宅あんしん保証という国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険の第3者機関が保証を行います。

つまり、国が認める瑕疵保険会社の厳しい目で見ても保証できる内容の工事だということです。

自分たちが独りよがりに保証しますします!というのは会社の規模の大小に関わらず簡単です。

ですから、第3者機関である住宅あんしん保証の保証をを受けることで、

三輪塗装の工事は国のお墨付き工事であることの証明にもなるためこの保証を付けています。

工事品質の保証の意味合いが強いかもしれませんね。

この保証も、塗膜の不具合が起きた場合に100万円までの工事を保証する内容となっています。

 

さて、こんなに保証がついていて、第3者機関からも信頼をされている三輪塗装の工事。

高いの?安いの?どっち?