スタッフブログ

足立 愛子
冬の建物 結露のお話
2022年2月4日(金)

言わずもがな、結露は暖かく湿った空気が冷やされて、空気中の水蒸気が水滴になる現象。

温度によって飽和水蒸気量(空気中に含むことのできる水蒸気量)が異なるために結露は発生します。

例えば1㎥あたり0℃では4.85g/㎥、10℃では12.8g/㎥、20℃では17.2g/㎥と、温度が高いほどより多くの水蒸気を蓄えることができるのです。

目に見えない水蒸気ですが、この飽和水蒸気量をオーバーすると水滴=結露となって現れます。

もっと具体的にお話すると、室温20℃の湿度50%の時、飽和水蒸気量は17.2g/㎥なので17.2g/㎥の50%の8.6g/㎥の水蒸気が存在することになります。

この20℃・湿度50%の室内で、冷たい飲み物の入ったコップの周囲はその影響で0℃だったとすると、

0℃の飽和水蒸気量が4.85g/㎥なので8.6-4.85=3.75g/㎥の水蒸気が結露となるわけです。(あくまでも計算上の話ですが)

冬場にガラスやアルミ部分に結露が起こるのも同じ理屈です。

本題はここから。

私は上記の理屈を知ったうえで疑問に思いました。「外壁に結露が起こるのはなぜなんだ?!」

コップと違い、暖かいのは建物の中、冷たい外気側になぜ結露がおこるの?

室内が寒く外気が暑い場合は、冷たい外壁に飽和状態に近い暖かい空気が触れて結露するのはわかります。

これは湿度の高い夏場の話です。

が、冬にも外壁の結露は起きてるのはなんでなん??

調べた結果、わかりました!

断熱材の働きにより室内の温度が外壁材まで伝わりにくく、外壁材は気温より低いということもあり得ます。

さらに黒に近い濃色の外壁は日中熱を吸収している分、夜間に熱を放出する’放射冷却’の現象が起きるため、より外壁材は冷えて結露が起きます。

確かに、柱部分は結露していないという外壁を見かけます!

これが熱伝導率の高い鋼板ならなおさら。

つい先日の三輪塗装の外壁も雨の翌朝こんな風になってました。

この外壁の結露は、外壁の三大天敵「雨・紫外線・熱」のうち雨と何ら変わりません。

外壁表面の塗膜が生きているときは、気温が上昇し飽和水蒸気量も増えることで乾燥してしまうため、問題はありません。

しかし、経年劣化により塗膜の防水性が切れている外壁が結露を起こすと、外壁材が吸水し乾燥しにくくなります。

また、吸水した状態で凍結を起こすと爆裂や層間剝離を引き起こします。

とはいえ、毎日外壁の結露を確認し、ふき取りを行うことはほぼ不可能なわけで、時が来たら塗り替えを行うのが一番ということになりますね。

皆さんもお宅の外壁の結露チェック、してみてください。