スタッフブログ

平田 京子
青の時代
2021年12月9日(木)

こんにちは。
そろそろ冬タイヤに替えなきゃですね。
1年ってほんと早いです。

コロナも落ち着いてますし、今しかない!とお出かけの方も多いのでしょうか?
わが家は、子供の予定とかもあり相変わらずインドアモードです。
最近はまっているのは漫画「ブルーピリオド」。


(画像Amazonよりお借りしています。)

フツーの(いわゆるリア充と言われるタイプの)高校生が、
ある日突然、絵を描くことに目覚め、美大を目指して頑張る話です。

誰もが一度は思ったことがある疑問
「ピカソの絵ってめちゃ高いけど、俺でもかけそうなのに、なんで?」とか、
「現代アートって意味不明」とか、
そういう疑問に真っ向から向き合ったり、
思春期特有の悩みだったり、好きなことを仕事にする葛藤だったり、
とにかく私の大好物なトピック満載で
もちろん登場人物たちはどなたも癖が強く魅力的で、たまりません。

高校生が主人公なので難しいかな、と思いながらも、
こどもも読めるよう、リビングの本棚に置いておいたら、
小5男子も読んでいました。
彼曰く「難しくてわからないところもあるけど、わかる」そうで。
要は、専門的でディープなことなどは、わからないし、興味もない部分もある、
だけど、心の動きとか、悩みとか、わかる部分もある、という意味かなーと。
少年漫画の割にエログロな表現がないところも高評価です、読みやすいです。(偏見かな?)

アニメもやってるみたいですね、見てみたいです。

ただいまの最新刊は11巻、未完の漫画を買うのも何十年ぶり。
新刊を待つ楽しみは、いいものですね。