現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県関市 外装リフォーム工事 M様邸
2019年7月23日(火)

みなさんこんにちは。

そろそろ梅雨が順番明けてくるころですね。今年の梅雨は長かったみたいで、、、。困ります。

梅雨が明けると一気に暑くなるので熱中症には気をつけていきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきます。

今回は、関市M様邸の工事を少し紹介していきたいと思います。

まず、屋根・外壁の素材説明です。

屋根は瓦棒が使用されています。

金属系のため経年により錆が発生してきます。

錆を放置しておくと穴が開いてしまい雨漏りなどの原因になりますので注意が必要となります。

外壁はALCが使用されています。

ALCは軽量気泡コンクリートと言い、主成分としましてはケイ石、生石灰、セメント、発泡剤でスウェーデン発祥の外壁材です。

内部には細かい気泡が無数にあり、これによって、高い断熱性、防火性を持つ外壁材ですが、

この気泡はすべて繋がっており、ひび割れなどが起きると雨が気泡を伝って内部に侵入し雨漏りをする恐れがありますのでひび割れには早急な処置が必要となります。

雨漏りをしてからでは遅く補修の費用も余分にかかる場合があります。

続いて作業の紹介です。

まず最初に高圧洗浄を行います。

チョーキングや長年の汚れをきれいに洗っていきます。。

汚れていたりしては密着が悪くなってしまいますのでキレイに洗っていきます。

高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線などにより劣化しひび割れや硬化を起こします。

放置しておくと外壁の劣化に繋がりますので注意が必要です。

今回のALCの目地は厚みの確保ができたため既存のシーリングを撤去せずその上にプライマーを塗りシーリングを打設していく増し打ち工事を行いました。

シーリング打設作業状況です。

続いて、屋根の塗装のです。

まず、最初にケレンを行います。

ケレンとは、主に鉄部の汚れや錆びを落したりすることを言います。錆びが発生していなくても塗料の密着を良くするために表面に傷をつけることもケレンと言います。

どんなにいい塗料を塗ってもケレン作業をきっちり行わないとすぐに剥がれたり錆びが発生したりするためケレンはとても重要となります。

仕上げてしまえばケレン作業をしたか分からなくなってしまいますがだからこそ丁寧に作業を行うことが重要となります。

ケレン作業状況です。

続いて、錆び止めです。

防食性や上塗りとの密着を良くするためにも重要な作業となります。

錆び止め作業状況です。

続いて、上塗りです。上塗りは2回塗っていきます。

繋ぎ目やムラが出ないよう均一に均しながら塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

では、この辺で、、、。