現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県加茂郡 外装リフォーム工事 Y様邸
2019年10月5日(土)

みなさんこんにちは。

朝と夜はかなり涼しくなりましたね。寒い時もあります、、、

しかし、まだまだ日中は暑いです。温度差がかなり激しいので体調管理はしっかりしていきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は川辺町Y様邸の工事を少し紹介していきたいと思います。

まず、素材の説明です。

屋根は瓦が使用されています。 耐候性が高く、耐熱性、断熱性などにも優れています。

瓦は塗装の必要はありませんが瓦の割れやズレ漆喰などは定期的に点検を行いメンテナンスをしていくことが必要です。

漆喰が剥がれると中の土が流れ棟が崩れてきますので注意が必要です。

外壁はモルタルとトタンが使用されていました。

モルタルは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜてつくった材料で施工した湿式工法の外壁のことです。

この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、実は、この素材自体の防水性能は低いので、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。ですので定期的なメンテナンスが必要となります。

トタンは、金属系の外壁材のため劣化が進むとサビが発生します。

こちらも定期的なメンテナンスが必要となります。

続いて、作業の紹介です。

まず、今回はアルミ製のベランダの交換工事がありましたので足場組の前に解体しました。

解体前状況です。

解体後状況です。

カーポートの屋根材も足場組の際に外す必要がある場合は外します。

屋根材外し完了状況です。

続いて、足場組です。

安全で作業のしやすい足場を組んでいきます。

足場の組み方で作業効率も結構変わってきます。

続いて、高圧洗浄です。

長年の汚れやチョーキングをキレイに落としていきます。

汚れなどが付いていては仕上がりも塗料の密着も悪くなってしまいますからね、、、。

続いて、シーリング工事です。

モルタルの目地部やサッシ廻りは経年によりひび割れが起きてしまいます。

そこから水が入らないようにシーリングで埋めていきます。

シーリング完了状況です。

シーリング完了後塗装工事に入っていきます。

実際に塗装する前に塗らない場所や汚れてはいけない場所に養生(ビニール)を貼っていきます。

せっかくキレイになってもサッシや土間が汚れていてはもったいないですからね。

養生がしっかりとできてから塗装工事に入っていきます。

サッシ養生状況です。

土間養生状況です。

いかがだったでしょうか?

建物のことで分からないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。