現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県岐阜市 外装リフォーム工事 T様邸倉庫
2019年2月23日(土)

みなさんこんにちは。

先週プロタイムズの全国大会に参加してきましたので本題に入る前に少しご報告させていただきます。

プロタイムズは2018年3月1日に全国133店舗となります。

この全国の加盟店様と常に情報を共有し、施工品質の向上やお客様満足の向上を目指しています。

そして、今回の全国大会で2018年度のお客様満足度施工品質部門で全国3位と言う結果をいただきました。

非常に嬉しいですがここで満足せず、2019年度は全国1位を目指し日々頑張っていきたいと思います。

さて、ご報告はこの辺にさせていただいて本題に入っていきたいと思います。

今回は、岐阜市T様邸倉庫の工事を紹介していきます。

屋根は瓦棒が使用されています。

金属系の屋根材のため経年劣化によりサビが発生してきます。

サビの進行を放置しておくと腐食したり穴が開いてしまったりします。その場合塗装ができないため板金によるカバーをしたりと費用がかなりかかってしまいます。

ですので、定期的に塗装によるメンテナンスが必要となります。

サビ発生状況です。

外壁はトタンが使用されています。

こちらも金属系のため定期的に塗装によるメンテナンスが必要となります。

続いて、作業です。屋根の作業を紹介します。

金属系の場合はケレン作業を行います。

ケレンとは、鉄部のみでなく木部などにも行います。

旧塗膜を削ったり、サビを削ったり塗料の密着を良くするために行います。

この作業を行わないといい塗料を塗ってもすぐに剥がれたりと不具合が起きてしまう場合があります。

ケレン作業状況です。

ケレン完了状況です。

続いて、サビ止めを行います。

サビ止めは、ケレンをしてから間が開いてしまうとケレンをして錆をとっとのにまた錆が発生してきたなんてことも

あるのでなるべくケレンからサビ止めまでの期間は開かないように作業を行っていきます。

この作業もとても大切な作業となります。

ケレン・サビ止めは上塗りを塗ってしまうと分からなくなってしまいますがだからこそ時間を使い丁寧に行うことが重要となります。

サビ止め作業状況です。

続いて、上塗りです。

今回は厚膜型塗料を塗りました。通常上塗りは2回行いますがこちらは厚膜型塗料のため上塗り1回仕上げとなります。

しっかりと塗膜厚を確保し塗っていきます。繋ぎムラなどは出ないようしっかりと均一に均しながら塗装していきます。

上塗り作業状況です。

上塗り完了状況です。

いかがだったでしょうか?

上塗りをしてしまうと分からなくなってしまうケレン・サビ止めはとても重要なためしっかりと時間を使い作業を行っていきます。