現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県関市 外装リフォーム工事 S様邸
2019年2月2日(土)

みなさんこんにちは。

今週はかなり冷え込んでますね、、、。手が痛いくらいです。車もバキバキに凍っています、、、。

路面も滑りやすくなっている所もあると思いますので安全運転をしていきたいですね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市S様邸の工事を紹介していきたいと思います。

まず、素材の説明です。

屋根は、塩ビ被覆鋼板が使用されています。

塩ビ被覆鋼板とは、塩ビ被覆鋼板とは、金属の屋根を保護するために塩化ビニル製のシートを表面に加工しているもののことです。

こちらは通常の塗装では剥がれたりと不具合が起きてしまう場合があります。

ですので塗装の際は専用の下塗りを塗ってから塗装していきます。

このように塩ビ被覆が剥がれてしまっている部分は塗装前にしっかりと削り取らなければいけません。

削り取らずそのまま塗装をしても意味ありませんからね。

削って錆びが出ている部分は錆び止め塗装を行います。

外壁は、窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

続いて、高圧洗浄について紹介していきます。

最初の工程の高圧洗浄は、外壁塗装の仕上がりを大きく左右するのでとても重要な作業となります。

高圧洗浄の作業をいい加減に行うことは塗装後に大きく影響してきてしまいます。汚れやコケが取れていないとどんなにいい塗料を塗っても本来の塗料の力が発揮されず意味がありませんからね。

なので、ただ水で流せば良いという簡単なものではありません。

高圧洗浄にも種類があり外壁に応じて適したものを使用していきます。

高圧洗浄作業状況です。

樋の中は普段掃除できず落ち葉や泥などが溜まっているので洗浄の際に一緒にキレイにしていきます。

樋の中洗浄作業状況です。

高圧洗浄後ケレンを行います。

ケレンとは、ヤスリや電気工具を使い、トタン屋根や階段に使われる鉄部の汚れやサビ、旧塗膜を落とす作業です。

ケレンは鉄部以外にも木部などでも行われます。また、塗料の密着性が良くなるように表面を傷つける作業を目粗しといいます。一般的にケレンと言えばこの目粗しも含まれています。

ケレン作業状況です。

いかがだったでしょうか?

塗装前の高圧洗浄・ケレンは塗装工程においてとても重要となります。

しっかりと丁寧に行うことが重要となります。

では、今週はこの辺で、、、。