現場ブログ

塗装に最適な季節

2019年3月2日(土)

こんにちは。
塗り替え塗装をするときに、気になるのがどの時期にやるのか。
お客さんの打ち合わせするときには、必ず出てくる話題です。
実は外壁塗装リフォームは季節を問わずに1年中やることができるのです。
よく寒いときは、塗料の伸びが悪いから!とか、乾燥しないからといわれます。
たまに職人さんが寒いからなんていう人もいます。
あと、6月は梅雨になるからだめとか、9月は台風が来るからダメとかもよくあります。
季節で、変化するのがまず気温ですね!夏は暑く冬は寒い。当然なんですが、今の塗料は5度以上ならまず問題なく乾燥します。今の日本、しかも岐阜では日中5度を下回ることはなかなか無いので、僕は個人的には1月2月に塗装をするのが良いと考えてます。
理由はお客さんが少ないので、塗装をする職人さんが、時間をかけてしっかり施工してくれることです。
忙しいときに手を抜くわけでは無いですが、忙しい気持ちの時と、落ち着いて出来る時では、多少違うのでは無いかと思います。
あと乾燥が多少遅れるので、塗料にムラが出にくいと思います。
逆に暑すぎると、塗料の乾燥が早く、ムラになりやすいと思います。

なので、狙い目は職人さんが暇な時!腕の良い人気の職人さんにきてもらいたいですからね。

天候で一番気を付けておかなければいけないのは、雨の日です。雨の日の外壁塗装は絶対にダメ!!です。

雨の日に外壁塗装がダメな理由として、

外壁塗装をするときにペンキが

・雨で薄まる可能性がある

・雨水が落ち、水玉模様のようにまだらな汚い仕上がりになってしまう

・下地と塗料の間に水が入り、塗料が浮いて剥がれの原因になる。
などです。
せっかく外壁塗装をしたのに数か月で塗装がはがれる。ひび割れしてしまう。
ということが起きてしまう可能性が非常に高くなります。
しっかりとしたまともな会社であれば雨の日の塗装はしませんが、
中には、工期を出来るだけ後らせたくないという理由から、
「雨でもすぐに乾く良い塗料なので問題ない」「水性塗料なのでご安心ください」といいながら
雨の中でも平気で作業をする業者もいますので気をつけてください。
それに、雨で濡れた足場というのは滑りやすく危険ですので、作業は中断するようお願いしてください。
プロタイムズ岐阜関店では雨の日は必ずお休みになります。
なので雨が多い季節は、後期が伸びる傾向はあります。
塗り替えの時期はしっかりスタッフと検討をして決めてください。