現場ブログ

岐阜県美濃加茂市 屋根塗装工事 O様邸

2018年8月11日(土)

みなさんこんにちは。

まだまだ異常な暑さは続きますね。40度を超える日もありかなり暑いです。

野球の甲子園では初めて給水タイム(熱中症対策)が設けられていますね。それくらい暑いということですね、、、

いつこの異常な暑さが終わるのか、、、

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、美濃加茂市のO様邸の屋根の塗装工事を行いましたのでご紹介します。

まず、施工前です。

金属系の屋根が使用されています。

経年劣化により錆が発生してきていました。錆びを放置しておくと穴が開き雨漏りなどの原因になりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

IMG_1980

ボルト部錆び発生状況です。

IMG_1984

続いて、作業の紹介です。

まず、屋根の塗装工程においてもっとも重要なケレン作業です。

ケレンとは、主にトタン・屋根などの鉄部の汚れや錆びを落したりすることです。錆びていなくても塗料の密着を良くするために表面に傷をつけていくこともケレンと言います。

このケレン作業はとても重要となります。ケレンを充分にせずに塗装を行っても塗料本来の耐久性は期待できません。

ケレン作業ができていないと仕上がりが悪いだけでなく、塗装をしても数ヶ月で錆びが発生してきたり塗膜が捲れてきたり不具合が起きる原因となってしまいます。

なのでしっかりと時間をかけてケレン作業を行うことが重要となります。電動工具を使用してケレンをしていきます。

手では限界がありますので、、、

ケレン作業状況です。

tmp_DSC_0048-505728606

ケレン作業状況です。

tmp_DSC_0045438401416

ケレン完了状況です。

このようにしっかりと電動工具でケレンすることが重要となります。

tmp_DSC_00491409749474

ケレン完了状況です。

tmp_DSC_00501519711763

続いて、錆び止め作業です。

錆び止めは金属の腐食を防ぐなどの重要な効果があります。そして、上塗りとの密着を良くするためにも重要な作業となります。

ケレン同様で錆び止めを入れないとすぐに錆びが出てきたり塗膜が捲れてきたり不具合を起こしてしまいますのでこちらも見えなくなるからと手を抜いたりしてはいけません。

錆び止め作業状況です。

tmp_DSC_00521154978880

錆び止め作業状況です。

tmp_DSC_00511023202110

続いて、上塗りです。

色の透けや塗り残しや繋ぎ目のムラなどが出ないようしっかりと均一に均しながら塗装していきます。

塗布量をしっかり守り塗装をすることが重要となります。

上塗り作業状況です。

tmp_DSC_00561186165242

上塗り作業状況です。

tmp_DSC_00581115210179

施工後です。

かなりキレイに仕上がりました。

tmp_DSC_0059-1407978981

施工後状況です。

tmp_DSC_0060-1913070126

いかがだったでしょうか?

ただ塗ればいいのではなく塗る前の下地処理もしっかり行わないと意味がありませんので注意が必要です。

では、今週はこの辺で、、、