二宮 寛
シーリング工事の増し打ちと打ち替え

2023年3月23日(木)

 

こんにちは営業の二宮です。

 

シーリングには建物内部への雨水の浸入を防ぐ事と

建物に掛かる水平力、サイディングの膨張収縮の緩衝などがあります。

 

そんなシーリングの工事には【打ち替え工事】と【増し打ち工事】があります。

 

【打ち替え】は古いシーリングを撤去してから新たにシーリングを充填します。

 

なぜ古いシーリングを撤去するかと言うと

シーリングが性能を発揮するのに必要な

厚みと幅を確保するためです。

 

【増し打ち】は既存のシーリングの上から新たなシーリングを充填します。

 

シーリングの撤去がない分、打ち替えより費用は安くなりますが、

増し打ちをするには条件があり、基本はサッシ廻りなどに限られます。

 

また三輪塗装では、シーリング材の上にも塗装し

外壁とシーリングが同じように劣化していくようにしています。

 

シーリングの上の塗膜はひびが入りやすいですが、シーリングを守るための

塗膜なので防水性には影響はありません。

 

 

お家を綺麗な状態で長持ちさせるためには、確かな知識と丁寧な仕事が大切ですね!