酒井 康成
屋根カバー工法
2022年12月23日(金)

営業施工管理の酒井です。

 

屋根カバー工法に関して説明したいと思います。

 

屋根カバー工法とは既存の屋根材はそのままで新たな屋根材を施工する方法です。

 

 

既存屋根材

薄型スレート瓦(カラーベスト、コロニアル)

 

 

 

①高圧洗浄をします。

高圧洗浄はコケや汚れを落とし次の工程のルーフィングシート(防水シート)の密着性をよくするために行います。

 

 

 

 

高圧洗浄後

コケや汚れ剝がれかけの塗膜が取れ真っ白な状態になりました。

 

 

 

 

②ルーフィングシート施工

 

 

ルーフィングシート完了

 

 

③スーパガルテクト(ガルバニウム鋼板断熱材入り)施工

 

 

 

 

完成

 

 

これで屋根は20年、30年安心ですね

 

屋根カバー工法に関して気になる方は、

 

ぜひ一度、三輪塗装までお問合せ下さい。