スタッフブログ

休暇を終えて

2017年11月5日(日)

機能ある物には、機能美が生まれる。

人はその美に、理由などなく魅せられる。

 

機能美といえば、やはり刃物だろう。

物を切断するという機能はとても文化的で、人類の進化を加速させた。

特にmade in SEKIの刃物は素晴らしく、世界中にファンが多い。

 

さてつい先日、リフレッシュ休暇を頂きました。

関係者の方々のご協力あって充実した休暇を過ごせたこと、ありがたくお礼申し上げます。

 

そんな休暇をどう過ごすのかというと、やはり旅行である。

東京在住の兄に会いに行こうと決めていた。

リュックサックに着替えを詰め、深夜バスへ乗り込む。

早朝や夜中の移動は魅力的だ。旅には欠かせないロマンに満ちている。

ねっとりとしたアナウンスで浅い眠りから覚める。

バスは新宿に到着していた。

cdv_photo_001 (1)

都会の朝は魅力的だ。

とても静かだけれど、新しい1日に向けて動き出している。

たくさんの人々が街を機能させている。

cdv_photo_002

予定と消化を繰り返す毎日に反して、

わざわざ東京まで来て何の予定も立てていない。

兄と会う夕方6時まではすることがない。現在朝6時。

cdv_photo_004

予定はないが、迷いもない。

兄に会うこと、立ち食いソバを食べること、2つの目標が明確だからだ。

cdv_photo_003

揚げたての野菜かき揚げ、温泉卵入り、天ぷらそば 420円。

冷え込んだ街を温める湯たんぽのようなお店は、

1畳半ほどの調理場から素早く温かいそばが提供されていた。

人員、設備、配置、サービス、すべてが機能として完成している。

来店するお客さんを含めて1つの生命体であり、そこには美しさが存在していた。

cdv_photo_007

観光で東京へ来たのは人生初めての経験だ。

あてもなく歩いて、気の向くまま電車に乗る。

cdv_photo_006

東京はすごい。

人が集まりすぎて、なんだか訳が分からない。

想像できないほどのエネルギーに混乱する。

cdv_photo_012

進むことは大事だが、休息も大事である。

揚げたてナス、エビ、イカ 天ぷらそば 540円。

エビのしっぽの処理、イカの隠し包丁など、クオリティが高い。

老夫婦の絶妙なコンビネーションにより、茹でたで、揚げたてが丼内で合体する。

水、片付け、掃除などのセルフサービスは当たり前であるが、むしろこちらがやりたいのでうれしい。

美味しいそばを提供したい。美味しいそばを食べたい。

そんな想いが調和し、機能している。

cdv_photo_009

特に目的もなく、上野に到着した。

国立博物館の案内があったので、その引力に従った。

cdv_photo_010

すべてがすごい。

こんな生き物が活動していたこと、

剥製にしたこと、集めたこと、展示したこと、そのすべてが。

cdv_photo_011

すべてに意味がある。

形状、太さ、強度、位置、

ロマンと美の集合体だ。

 

気が付けば約束の時間が迫っている。

2年ぶりに会う兄は、ちっとも変わっていなかった。

cdv_photo_014

 

自家製カレーとたぬきそばセット 500円。

今日は立ち食いソバの日だと告げ、二人でそばをすすった。

今日初めて食べたお米がめちゃくちゃ美味しかった。