梅雨の時期に注意!屋根修理詐欺の実態と防止策

2024年7月1日(月)

梅雨の時期に注意!屋根修理詐欺の実態

梅雨の季節に増加する屋根修理詐欺について、最近アップされたYouTube動画を紹介します。


梅雨に急増する“屋根修理詐欺” より巧妙…実在企業、代表者名乗り信用させる【知ってもっと】【グッド!モーニング】(2024年6月19日)
ANNnewsCH(三輪塗装のyoutubeではございません。)

この映像では、職人を名乗る男が巧妙なトークで住人の不安を煽り、架空の工事を作り出して法外な費用を請求する手口が映し出されています。

詐欺の手口と実例

男は作業着風の服装で住人に近づき、「瓦が傾いている」などと心配を煽ります。しかし、実際に屋根を他の業者に確認してもらうと異常はなく、詐欺であることが判明しました。

巧妙な手口と増加する被害

最近の屋根修理詐欺はますます巧妙になり、相談件数も増加しています。詐欺業者は突然訪問し、屋根の破損を指摘して修理を勧めます。実際には問題のない屋根を壊してまで大規模な工事を強要する手口もあります。特に高齢者を狙った詐欺が多く、国民生活センターへの相談件数はこの5年間で4倍以上に増加しています。

実在企業名と代表氏名の悪用

さらに、詐欺業者は実在する企業や代表者の名前を悪用するケースも増えています。番組で紹介された男は「株式会社建翔のミヤザワ」と名乗りましたが、実際に存在する同名の企業と代表者とは全く関係がないことが確認されました。株式会社建翔の宮澤信彦代表取締役も、「信頼を積み重ねてきたものを悪用されるのは憤りを感じる」とコメントしています。

防止策とアドバイス

梅雨の時期は特に詐欺が増えるため、注意が必要です。屋根修理の必要性を指摘された場合は、すぐに判断せず、信頼できる業者や専門家に相談することが大切です。日本住宅性能検査協会の服部順一氏も、詐欺かどうか判断が難しい場合は、専門の相談窓口を利用するよう呼び掛けています。

梅雨の時期に安心して過ごすためにも、屋根修理詐欺には十分な警戒が必要です。疑わしい場合は契約してしまう前に信頼できる業者に相談する心掛けましょう。

ご相談は三輪塗装へ!
もし訪問販売業者から声を掛けられ、見積もりをもらったけど、心配だ、などという場合は、ぜひ三輪塗装へご相談ください。
壁・屋根の劣化診断とお見積りは無料で行っております。

有限会社三輪塗装
プロタイムズ岐阜関店
電話:0120-036-037
9:00-18:00
日曜定休

三輪塗装のYouTube MiwaTube
https://www.youtube.com/channel/UCmNil0Ho5iw5esCxz9c9g5A
 

【こちらの動画もどうぞ!】
【はじめての外壁塗装】訪問販売が来たらどんなことに注意したらいい?