スタッフブログ

足立 愛子
熊野古道
2022年6月8日(水)

先日お休みを頂き友人たちと熊野古道へ1泊2日の旅に出かけました。

もともとはツアーで申し込んでいたのですが、申込者が少なく催行に至らず・・・

ならば自分たちでホテルの予約から、電車のチケットなど準備して、熊野ではレンタカーで自由に周ろうということになりました。

 

岐阜駅から名古屋駅へ約20分、名古屋駅から熊野市駅まで「特急南紀」で約3時間の電車旅。

車移動ばかりの毎日なので、こんなに長時間電車に乗るなんて!

あいにくの曇天でしたが、海なし県・岐阜生まれ岐阜育ちの私、車窓からの海にテンション上がる上がる。

 

11:14に熊野市に到着。

熊野市周遊バスに乗り込み、鬼ヶ城へ。

自然造形美の雄大さは写真では伝わり切らない!

さて、大型自動車の周遊バス。私たち4人貸し切り状態。

しかも、乗車券200円に、鬼ヶ城での買い物200円引きの特典が!!

他にも、「お土産10%引き」や「みたらし団子もう1本」など、各バス停でサービスが受けられるというお得すぎる周遊バス。

ガソリン代すら出ませんけど、熊野市さん、大丈夫?

 

その後は熊野倶楽部ホテルへチェックイン。

ティータイムのケーキ、夕食の伊勢エビのオーブン焼き付きハーフブッフェ、朝食、すべて食べ放題。

オールインクルーシブなので、お酒などのドリンクも飲み放題。

放題ばかりなうえに、お部屋は露天風呂とミニキッチン付きのスイート。

贅沢してしまいました。

天気が良ければ露天風呂から満点の星空を眺められただろうと思うと、それだけが残念でした。

 

翌日はレンタカーで丸山千枚田へ

雨上がりの千枚田は渋い。

マイナスイオンたっぷりです。

 

その後赤城城址へ寄って、和歌山県に入り熊野本宮を目指します。

サッカー日本代表の八咫烏(ヤタガラス)が守り神であることで有名な本宮大社は、

全国の熊野神社の総本宮とあって威厳があります。

その昔は近くを流れる熊野川の中州にあったという熊野本宮大社。

当時の人々は川を渡ることで禊ぎをして身を清め本宮を詣でたのだとか。

明治22年に洪水にあい、現在の場所に移築したそうです。

写真撮影禁止のため、その雄姿ははHPで。
熊野本宮

 

熊野三山は本宮大社・速玉大社・那智大社の三社。

三社詣でをしてこそ本物らしいのですが、時間の都合で那智大社を訪れこの旅を終えることにしました。

那智大社とそのすぐ隣にある青岸渡寺もお参りし、三重の塔からの那智の滝!

以上で気心の知れた友人との楽しい旅は終了です。

次こそは速玉大社を含めた三社をちゃんとお参りしたいです。