現場ブログ

柴崎 貴大
岐阜県関市 外装リフォーム工事 H様邸
2019年11月13日(水)

みなさんこんにちは。

もう11月中旬ですね。ほんとに今年の1年も早かったです。

すっかり朝・晩寒くなりました。すぐに冬が来ますね。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は関市H様邸工事を紹介していきます。

まず、足場の組み立てを行います。

安全かつ作業性の良い足場を組み立てていきます。

続いて、高圧洗浄を行います。

汚れやチョーキングがそのままでは塗料の密着も悪くなりますのでしっかりと洗っていきます。

外壁高圧洗浄作業状況です。

土間高圧洗浄作業状況です。

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線によりひび割れや硬化を起こし、そこから水を吸ってしまい外壁の腐食などに繋がりますので定期的なメンテナンスが必要となります。

厚みの確保できない場所はその上に打設してもすぐにひび割れを起こしてしまうため既存のシーリングを撤去し新しく打設する打ち替え工事を行います。

サッシ廻りなど厚みの確保ができる箇所は既存のシーリングの上に打設する増し打ち工事を行います。

シーリング撤去作業状況です。

プライマー塗布作業状況です。

シーリング打設作業状況です。

シーリング均し作業状況です。

シーリング工事完了後塗装工事に入っていきます。

まず、付帯部のケレンです。

ケレンとは、主に鉄部の汚れや錆びを落したりすることを言います。錆びが発生していなくても塗料の密着を良くするために表面に傷をつけることもケレンと言います。

仕上がりを良くするためにも重要な作業となります。

ケレン作業状況です。

続いて、付帯部の鉄部錆止めを行います。

錆止め作業状況です。

続いて、付帯部の上塗り1回目です。

塗り残しが無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

付帯部の上塗り2回目は外壁塗装完了後仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

続いて、外壁の塗装です。

まず、下塗りを行います。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりととても重要な工程となります。

下塗り作業状況です。

続いて、上塗り1回目です。

こちらも塗り残しがないようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

続いて、上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

いかがだったでしょうか?

このようにして塗装工事が進んでいきます。

ただ塗るだけではなく塗装前の下準備がとても重要となります。

お住まいのことで分からないことやお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。

では、この辺で、、、。