現場ブログ

三輪 雄彦
隣の家が解体撤去された、誰が費用負担する等々
2020年1月10日(金)

関市内においても、お隣さんが何らかの理由で建物を解体され

その結果、塗装がしてない、防水工事がされていない外壁が

露出してしまったという話はよくある話です。

 

当家を建築したときは、お隣があった訳ですが、

境が非常に狭く、外壁に仕上げをするだけのスペースがなかったことが原因であることは

言うまでもありません。

 

このような状況でも雨漏りしなかったのは、

建物と建物の隙間の上部に多くは板金材で

屋根のようなもので覆われていた、ふさいであったということであったこと

 

ひび割れや本来埋められるべき隙間を、パテ材やシーリング材で

埋めて行きます。

 

 

仕上げの塗装は、今回は防水性能の高い

アステックペイントジャパンのEC5000PCM

 

完成です。

多くの場合、ひび割れや隙間があるため、素早く工事に入ることが必要です。

お隣が解体撤去するという情報が入ったら、即材に我々専門業者に連絡されることをおすすめします。

 

即座に解体業者と打ち合わせを行い、工事に入らせて頂きます。

これだけの工事ではありますが

・足場工事

・シーリング工事

・左官工事

・塗装工事

が必要となります。

工期は最低2週間かかります。

そして費用ですが、これは家主負担となります。