現場ブログ

岐阜県関市 外装リフォーム工事 H様邸

2018年9月25日(火)

みなさんこんにちは。

最近は過ごしやすい気温になってきましたね。朝や夜は寒いときがあるくらいです。

気温の変化が激しいので体調を崩しやすいと思います。しっかりと手洗いうがいをし体調管理をしていきましょう。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は関市H様邸の工事を少し紹介をしていきます。

まず、素材の説明です。

外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

防水性が切れますと水を吸ってしまい外壁の腐食に繋がりますので注意が必要です。

外壁現況です。

a

続いて、作業に入っていきます。

最初に高圧洗浄を行います。

この作業は塗装の仕上がりや耐久性に大きく影響するためとても重要な作業となります。

汚れていたりしては塗料の密着もよくありませんのでただ流せばいいと言うわけではありません。

外壁洗浄作業状況です。

IMG_20180823_100955

外壁の洗浄の際に樋の中の汚れや土間の汚れなど一緒に洗浄していきます。

樋の中洗浄作業状況です。

IMG_20180823_100926

土間洗浄作業状況です。

IMG_20180823_120032

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線には弱くまたシーリングに含まれる可塑剤(柔軟性を与えるために加える)と呼ばれる薬品の寿命によりひび割れや硬化などを起こしますので定期的なメンテナンスが必要となります。

ひび割れなどを放置しておくと水が入り小口から水を吸ってしまい外壁の腐食などに繋がりますので注意が必要です。

今回は既存の上にシーリングを打つと厚みが確保できずすぐにひび割れを起こすため

既存のシーリングを撤去しプライマー塗布後に新しいものに打ち替えるシーリングの「打ち替え工事」を行いました。

既存シーリング撤去作業状況です。

cdv_photo_011

プライマー塗布作業状況です。

密着を良くするためにとても重要な工程となります。塗り残しが無いようしっかり塗っていきます。

cdv_photo_008

シーリング打設作業状況です。

cdv_photo_005

シーリング均し作業状況です。

凸凹にならないよう均一に均していきます。

cdv_photo_002

続いて、軒天上塗り1回目です。

塗り残しが無いよう確認しながら塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。

tmp_DSC_0131-1821389162

続いて、軒天上塗り2回目です。

ムラが出ないよう均一に均しながら塗っていきます。

上塗り2回目作業状況です。

tmp_DSC_0134-137507214

続いて、付帯部塗装です。

まず、錆び止めを行います。

錆び止め作業状況です。

tmp_DSC_01171371402988

続いて、上塗りです。

上塗りは2回塗ります。こちらもムラが出ないよう均一に均しながら塗装していきます。

上塗り2回目作業状況です。

tmp_DSC_0200378820461

いかがだったでしょうか?

塗装工事は下地処理がとても重要な工程となります。しっかりと手を抜かず工事をすることが塗装を長持ちさせる秘訣です。

今週はこの辺で、、、。