現場ブログ

岐阜県岐阜市 屋根塗装工事 Y様邸

2018年9月15日(土)

みなさんこんにちは。

朝はだいぶ涼しくなってきましたね。朝起きると少し寒いときもあります、、、。

来週はまた気温が上がるみたいですが、、、。温度差が激しいので体調管理はしっかりと行いたいですね。風邪を引かないよう手洗いうがいをします、、、。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は岐阜県岐阜市の工場の屋根の塗装について紹介していきます。

まず、素材説明です。こちらは瓦棒が使用されています。

経年劣化により錆が発生する屋根材ですので定期的なメンテナンスが必要な屋根材となります。

錆びの発生を放置しておくと穴が開き雨漏りの原因になりますので注意が必要となります。

まず現況です。さなり錆びが進行してしまっています。

IMG_5442

折板の現況です。

IMG_5437

続いて、ケレン作業です。

ケレンとは、塗装工事を行う際に旧塗膜を取ったり汚れや錆びを取り除く作業のことです。

それ以外にも錆びていなくても塗料の密着を良くするために表面に傷をつけていくこともケレンと言います。

このケレン作業を行わないとどんなにいい塗料を塗ってもすぐに錆びが発生してきたり捲れてしまいますので注意が必要となります。

塗ってしまえばケレンをしたか分からなくなってしまいますが分からなくなるからこそしっかりやることが重要です。

ケレン作業状況です。

IMG_20180906_092822

ケレン作業状況です。

IMG_20180913_141609

ケレン作業状況です。

IMG_20180913_141618

続いて、錆び止めです。

錆び止めは金属の腐食を防ぐなどの重要な効果があります。そして、上塗りとの密着を良くするためにも重要な作業となります。

ケレン同様で錆び止めを入れないとすぐに錆びが出てきたり塗膜が捲れてきたり不具合を起こしてしまいますのでこちらも見えなくなるからと手を抜いたりしてはいけません。

錆び止め作業状況です。

IMG_20180906_112550

錆び止め作業状況です。

IMG_20180906_133247

続いて、上塗り作業です。

色の透けや塗り残しや繋ぎ目のムラなどが出ないようしっかりと均一に均しながら塗装していきます。

塗布量をしっかり守り塗装をすることが重要となります。塗布量を守らないと意味がありませんので。

上塗り作業状況です。

IMG_20180911_132720

いかがだったでしょうか?

屋根塗装工事においてケレン・錆び止めなどはとても重要な工程となります。

せっかくいい塗料を塗装してもすぐに錆びが発生したり塗膜が捲れてきたりでは意味がありません。

ですので下地処理は塗装工程においてとても重要な工程となっています。

外壁・屋根のことで分からないことがありましたらお気軽にご相談ください。

では今週はこの辺で、、、。