現場ブログ

岐阜県関市 外装リフォーム工事 I様邸

2017年12月8日(金)

皆さんこんにちは。

一昨日くらいにちょっと雪が降りましたね。かなり寒くもなってきました。

今年もあと少しです。大掃除もしないといけませんね、、、

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきます。

今回は、I様邸の塗装工事の紹介をしていきます。

まず、最初は高圧洗浄です。

外壁塗装の仕上がりを大きく左右するのでとても重要な作業となります。

高圧洗浄の作業をいい加減に行うことは塗装後に大きく影響してきてしまいます。汚れが取れてないと意味がありません。

外壁塗装の事前準備段階の高圧洗浄は、ただ水で流せば良いという簡単なものではありません。

高圧洗浄作業は、丁寧に行うと半日とか一日かかります。しかし、仕上がりを左右する工程ですから丁寧に行わなければいけません。

樋の中や土間の洗浄も行っていきます。

高圧洗浄作業状況です。

tmp_IMG_20171118_0909571427381029

続いて、シーリング工事です。

まず、既設のシーリングを撤去しないといけない部分はすべて撤去を行います。

サッシ廻りなどは打ちしろがあるため増し打ちを行います。

この打ち替え部分の撤去を行わず増し打ちしてしまうとせっかく塗装をしてもすぐにシーリングが割れてきてしまい意味がありません。

なので打ち替えの部分はしっかりとすべて撤去をしていきます。

目地シーリング撤去状況です。

cdv_photo_011

撤去が完了したら撤去の部分と増し打ちの部分にプライマーを塗布していきます。

シーリングの密着をよくするためにとても重要となります。

プライマー塗布状況です。

cdv_photo_007

そして、プライマーが乾燥後シーリングを打設していきます。

規定の厚みをつけしっかりと均していきます。これがかなり難しいです。

シーリング均し状況です。

cdv_photo_003

続いて、屋根と外壁の塗装工事です。

まず素材の説明を行います。

金属系の屋根が使用されています。

経年劣化により錆が発生する屋根材ですので定期的なメンテナンスが必要な屋根材となります。

IMG_1109

外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

IMG_1314

それでは屋根・外壁の塗装工事に入っていきます。

電動工具にてケレン(錆や旧塗膜を削ること)後錆止めを行います。このケレン・錆止め作業を抜いてしまうとすぐにサビが発生してきたりするため重要な作業となります。

錆止め作業状況です。

IMG_1299

錆止め乾燥後上塗り1回目を行います。

ムラが出ないよう均一に均しながらたっぷりと塗っていきます。

上塗り1回目が乾燥したら同様に2回目の塗装を行います。

上塗り1回目作業状況です。

IMG_1323

外壁も同様下塗り・上塗り2回行います。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりととても重要となります。

上塗りの仕上げは屋根同様ムラが出ないよう均一に均しながら塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

IMG_1312

いかがだったでしょうか?

塗装の工程はただ塗るだけではありません。

下地処理がとても重要となってきます。

今週はこの辺で、、、