現場ブログ

岐阜県関市 外装リフォーム工事 I様邸

2017年11月19日(日)

皆さんこんにちは。

最近はとても冷えてきて冬らしくなってきましたね。

今年はどのくらい雪が降るのか、、、

風邪を引きやすいので体調の管理はしっかりとしていきたいですね。

さて余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市I様邸の工事の紹介をしていきます。

まず、外壁の素材説明をしていきたいと思います。

この外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

なので防水性が切れるとひび割れなどが起きてしまうため定期的なメンテナンスが必要となります。

劣化によりチョーキング(紫外線などにより塗料の樹脂分と顔料分が分離し粉が浮き出てくること。)が発生しています。

外壁状況です。

IMG_1100

屋根現況です。

経年劣化で色がかなり退色しています。

ケレンして錆止め後上塗りを行います。

IMG_1099

続いて高圧洗浄です。

この最初の工程の高圧洗浄は、外壁塗装の仕上がりを大きく左右するのでとても重要な作業となります。

高圧洗浄の作業をいい加減に行うことは塗装後に大きく影響してきてしまいます。汚れが取れてないと意味がありませんからね。

外壁塗装の事前準備段階の高圧洗浄は、ただ水で流せば良いという簡単なものではありません。

高圧洗浄作業は、丁寧に行うと半日とか一日かかります。しかし、仕上がりを左右する工程ですから丁寧に行わなければいけません。

高圧洗浄にも種類があり外壁に応じて適したものを使用していきます。

樋の中や土間の洗浄も行っていきます。

高圧洗浄作業状況です。

tmp_IMG_20171118_0909571427381029

高圧洗浄は塗装の仕上がり耐久性に影響してくるためとても重要な作業となります。手を抜くことなくしっかりやっていきます。

そして、高圧洗浄後シーリングを行い下塗りを行っていきます。

下塗りは、上塗りとの密着を良くしたりするためにとても重要となります。下塗りをしないとすぐに捲れてきたり剥がれたりと不具合が起きてしまいます。

塗装の中で高圧洗浄と下塗りはとても重要な作業となりますのできっちりと時間をかけて作業をしていきます。

鉄部に関してもケレン・錆止めがとても重要となります。

これらの作業を一つでも抜いてしまうと塗装後の耐久性などに大きく影響してしまうためしっかりとやっていきます。

いかがだったでしょうか?

塗装は下地処理が一番重要となりますので下地処理はしっかりと時間をかけて作業をしていきます。

では、今週はこの辺で、、、