現場ブログ

岐阜県関市 塀塗装工事 D様邸

2017年11月11日(土)

皆さんこんにちは。

かなり気温も下がってきて寒くなりましたね。もう冬ですね、、、、

風邪が流行っているのでしっかりと体調管理をしていきたいですね。(僕はすでに風邪引きました、、、)

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、D様邸の塀の塗装工事について紹介します。

まず、塀の素材説明をします。

この外壁はモルタルと呼ばれます。

モルタルとは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜてつくった材料で施工した湿式工法のことです。

この塀は非常に丈夫なイメージがありますが、実は、この素材自体の防水性能は低いので、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。

塀現況です。

IMG_1777

防水機能を果たしている塗膜が劣化してくると、徐々に水分を吸収しクラックと呼ばれる亀裂が生じます。

これを放置しておくと亀裂からさらに水分が入りこみ、塀の内部を腐らせてしまうので塗替えやコーキングの補修などの定期的なメンテナンスが必要です。

クラック状況です。

IMG_1780

塀捲れ状況です。

高圧洗浄で一度捲り補修後塗装を行います。

IMG_1787

続いて、高圧洗浄についてです。

この最初の工程の高圧洗浄は、塗装の仕上がりを大きく左右するのでとても重要な作業となります。

高圧洗浄の作業をいい加減に行うことは塗装後に大きく影響してきてしまいます。汚れが取れてないと意味がありませんからね。

塗装の事前準備段階の高圧洗浄は、ただ水で流せば良いという簡単なものではありません。

高圧洗浄作業は、丁寧に行うと半日とか一日かかります。しかし、仕上がりを左右する工程ですから丁寧に行わなければいけません。

高圧洗浄にも種類があり外壁に応じて適したものを使用していきます。

塀高圧洗浄作業状況です。

1510374998643

高圧洗浄後、塗装工事に入っていきます。

最初は下塗りを行います。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりとても重要となるためしっかりと行わないといけません。

下塗りを抜いてしまったりすると上塗りを行ってもすぐに捲れたりと不具合が起きてしまいます。

いかがだったでしょうか?

長持ちさせるためには一つ一つ確実に丁寧に作業していくことが重要となります。

乾燥時間もとても大事になってきます。

乾燥がしっかりしていないのに上塗りを行ってしまうと捲れなどの不具合が起きてしまいす。

ですので、ただ塗ればいいわけではなく一つ一つ重要な役割があるため手を抜かずしっかり作業しないといけません。

今週はこの辺で終わります。