現場ブログ

岐阜県関市N様邸 ウレタン塗膜防水

2017年5月15日(月)

こんにちは!

今回はウレタン塗膜防水の施工状況を投稿したいと思います。

防水工事とはなかなか聞きなれないものです。

ベランダ、バルコニー、屋上など様々なところで防水工事を行う場所があります。

字の通り水を防ぐと書いて‘防水”と雨漏りがしてしまう場所に防水工事を行います。

色々な防水工事がありますが、今回はウレタン塗膜防水の通気緩衝工法という工法でベランダ防水を行いました。

防水の材料ももちろん写真を撮ります。

S__3530775

工法的にはまず洗浄等々下処理を行いプライマーを塗ります。

その後自着シートと呼ばれるシートを張っていきます。

S__3530797

こちらのシートを塗布していくことにより素地との緩衝材となります。

自着シート貼りが終了してからウレタンを2層流していきます。

ベランダですと3日~5日で工事は終了します。

S__3530804

流したては水辺のようになります。

お客様が綺麗でびっくりされるときもあります。

綺麗+耐久性も高いため早めの防水工事を行いましょう!