現場ブログ

岐阜県関市 陸屋根ウレタン塗膜防水工事 O様邸

2017年4月9日(日)

皆様こんにちは

 

ようやく桜も咲いて暖かくなってきて工事もとりあえずゴールデンウィークまでを一区切りに張り切っていこうと思っておりますが、ここ最近の雨により工事が進んでいかずにもどかしいです。

 

天気を気にせずに工事をすると良い施工が出来ませんし、お客様に不安を抱かせてしまうのでそんなことにならないようお客様第一に思い、天気も気にしながら作業を進めていきたいと思います。

 

笳・0170112縲€螟ァ驥取ァ倬ず・磯未蟶ょソ玲エ・驥趣シ噂蟾・莠句・逵歃20170405_084849

 

今週スタートした工事は関市の陸屋根ウレタン防水、外部補修工事が始まりました。

 

笳・0170112縲€螟ァ驥取ァ倬ず・磯未蟶ょソ玲エ・驥趣シ噂蟾・莠句・逵歃20170405_085132

 

現在はゴムシート防水と言われるものが施工されておりますが徐々に悪くなってしまっておりますので一度ゴムシート防水を撤去してから新たにウレタン塗膜防水を行っていきます。

 

ウレタン塗膜防水の施工方法は大きく分けて二つあります、通気緩衝工法と密着工法の二つです。

 

なにが違うかと言いますと施工する場所ともちろんやり方がが違います、通気緩衝工法は床面に施工して密着工法は立上りに施工していきます。

 

通気緩衝工法は下地と防水層のすきまに空気の通り道を作り下地にヒビが入っても表面まで出てこず防水がしっかりされます、そのために使用されるのが専用の特殊シートで自着シートと言います、このシートを貼ってからその上の防水層を作っていくのが通気緩衝工法です。

 

この施工方法でやりますと下地からのひび割れや熱膨れなどの不具合が起きにくいやり方となっております

 

断面はこんな感じです。

 

IMG_0533

 

 

密着工法はその名の通り下地に密着させる工法で立上りに使用します、立上りに使用することによって壁から流れてくる水をしっかりガードをします。

 

なので床面に通気緩衝工法その続きの立上りに密着工法を行い、当たり前ですが水が絶対に漏れない様、お客様が安心して生活が出来る様に防水工事をしていきます。

 

三輪塗装で塗装だけでは無く住宅メンテナンスに関する事を幅広く行っておりますのでお困り事ありましたらご連絡くださいね。