現場ブログ

美濃加茂市W様邸瓦工事

2015年10月18日(日)

今日も「プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装スタッフブログ」をご覧いただきありがとうございます。関市の塗装&トータルリフォーム会社 プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装 スタッフの足立愛子です。

***************************************

今週は美濃加茂市において瓦の工事を行いました。

調査時にはこんな風に筒瓦から土が流れ出ています。 ↓

IMG_4371

1枚めくると、中には土がたっぷり。
IMG_4370

筒瓦は重なり部分から水が浸入します

これは優良施工でも当然に起こるのですが、内部の排水と土の関係が問題。

筒瓦の重なり部分から浸入した水は、重なりシロとなる部分に刻んである溝に沿って左右へ排出され、平瓦で受けて樋へ流れます。

写真 2015-10-09 14 49 23

W様のお宅では、そのかさなりシロからの排出先に幅広に土が盛ってあったために、土がどんどん吸水して劣化してしまっていました。

土がもろくなった結果、流出した訳です。

 

そのため筒瓦の積み直しを行い、土の流出が無い様にしました。

今回は、土の幅を狭く盛ります。

写真 2015-10-09 10 12 00

しかも水に強い南蛮漆喰を使います。

こうすれば、溝に沿って排出された雨水は土に当たらず平瓦へ落ちるようになります。

写真 2015-10-10 13 24 24

見た目にはあまり変わらなくても、内部の機能はばっちりの筒瓦になりました。