現場ブログ

定期点検

2014年4月22日(火)

今日も「プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装スタッフブログ」をご覧いただきありがとうございます。

関市の塗装&トータルリフォーム会社 プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装 営業の足立愛子です。

********************************************************

本日は定期点検で市内のOB様のお宅にお邪魔しました。

こちらのお客様は施工させていただいて1年経過しました。

ホトトギスの声を聴きながら、塗膜の状態をチェック!

当然と言えば当然ですがまだまだ十分にきれいです。

IMG_1522

 

 

よく見ると目地があり、シーリングがしてあります。

本日の点検においてはみられませんでしたが、

環境によってこのシーリング上で塗膜の切れがみられることがあります。

塗料の性質上、シリコン塗料やフッ素塗料は硬質のため、

外壁材の伸縮を吸収するシーリング上でどうしても切れが出ることがあるのです。

IMG_1520

外壁材の伸縮は多かれ少なかれどんな家でもあることなので避けられません(>_<)

ただ、塗膜が切れたからといってシーリングがすぐにダメになるわけではないので、ご安心を。

また、シリコン塗料もフッ素塗料も耐候性に優れ、汚れが付きにくい塗料で、住宅の外壁に適した材料です。

ただどうしても目地の部分が切れが気になるという方にはEC-2000Fをお勧めします!

600%の伸縮率で外壁材の伸縮に追従する優れものです。

これから塗装をお考えの方、こうした伸縮性のある塗料は他にも数種ありますので、お気軽にお尋ねください。

 

桜は散ってしまいましたが、春を感じながら明日も定期点検にOB様宅を訪問します(^^)