三室 泰生
【カワラU】屋根葺き替え工事
2023年9月8日(金)

営業の三室です。

 

日々たくさんのお家を見ていると実に様々な屋根があるなと実感します。

 

和瓦の屋根、セメント瓦の屋根、そして金属の屋根

また屋根の形状も様々です。

 

切妻屋根、寄棟屋根、陸屋根、または下屋根があったりなかったり…

 

実に様々な屋根がありますよね。

 

そのため、屋根によってメンテナンス方法も様々です。

 

屋根について気になることがあればまずはプロにご相談ください。

 

劣化診断をし、適切な工事を提案させていただきます。

 

 

 

 

それでは、今回は屋根工事の中でも大規模な部類の工事である

 

屋根葺き替え工事を紹介させていただきます。

 

こちらの現場では、屋根材にカワラUという商品が使用されています。

 

更にズームしてみると…

 

このように層間剝離といって層が何重にもなって剥がれる現象が起きています。

 

これにはカワラUという商品のある特徴が関係しています。

 

それは、ノンアスベストの屋根材であるという点です。

※正確には、製造された年代によってはアスベストが含まれているカワラUも存在します。

 

カワラUとは、本物の粘土瓦ではなく、瓦を模したセメント瓦で、

 

屋根リフォーム用を目的に作られた屋根材でした。

 

軽量であり本物の瓦と同じような形状・見た目が魅力的で、人気を博した商品です。

 

しかし、カワラUにはノンアスベスト故に非常に脆いものが存在し、それがお客様の頭を悩ませる結果となっています。

 

今回の現場では、ノンアスベストのカワラUが施工されていました。

 

既に屋根材が崩れている箇所もあり、屋根葺き替え工事のご提案をさせていただきました。

 

 

それでは、施工方法です。

①カワラU撤去

 

大屋根は屋根材の下に防水シートと野地板がありました。

 

防水シートはそこまで劣化していなかったため、この上から屋根を補強するための

 

木下地と防水シートを施工していきます。

 

一方下屋根は、

 

捲ってみると、野地板や防水シートではなく、金属屋根が出てきました。

 

金属屋根は壁の内側で立ち上がっており、撤去が困難な状況です。

 

幸い、瓦棒の垂木は良好な状態であったため、

 

この上から木下地と防水シートを施工していきます。

 

②下地施工

 

屋根を補強するための野地板を全面に貼り、防水シートを施工していきます。

 

大屋根にはこの後、瓦を施工するため、胴縁を打っていきます。

 

下屋根も同様に、野地板・防水シートを施工していきます。

 

下屋根は勾配がないため、金属を葺いていきます。

 

 

③新屋根材施工

 

大屋根は瓦を施工します。

 

 

今回の現場ではカワラUの前は、重いセメント瓦が施工されていたことが確認できました。

 

そのため、新屋根材として瓦を選択肢に入れることができました。

 

下屋根は金属を葺いていきます。(立平葺き)

 

 

 

 

下屋根は勾配が無いため、金属屋根のみ可能でした。

 

 

完成です。

 

施工前


 

施工後

 

 

 

いかがでしょうか?

 

屋根について気になることがあれば三輪塗装までお問い合わせください。