三室 泰生
三輪塗装の現地調査の流れを解説
2023年4月19日(水)

営業の三室です。

 

本日のテーマは「現場調査」の流れでございます。

三輪塗装では、皆様からメールや電話でお問い合わせをいただいてから、実際に現地にお伺いして調査を行っております。

この現場調査は、お家の劣化状況の確認や、正確な屋根外壁などの面積を算出するためにとても重要なものとなっております。

 

まずは、調査に先立って、建物の図面をお借りし、コピーを取らせていただきます。

 

普段は2~3名でお伺いしており、全員が外装劣化診断士の資格を持っています。

 

外壁塗装では、塗膜の劣化やひび割れ、カビ・藻・コケの有無などを確認します。

 

更にはシーリングのひび割れ、厚みや幅を確認します。

 

屋根は高所カメラで撮影し、屋根材の種類や劣化状況を確認します。

 

これらの調査を行うのにおおよそ1時間かかります。

現場調査した結果は劣化診断書としてまとめ、同時にお見積もりも作成します。

現場調査から見積提出までは概ね1週間ほどかかりますが、よろしくお願いいたします。