スタッフブログ

プリツカー賞 山本理顕さん受賞
2024年5月20日(月)

プリツカー賞 山本理顕さん受賞

日本を代表する建築家の一人山本理顕氏がプリツカー賞を受賞されたというニュースがありました プリツカー賞は、ハイアットホテルチェーンのオーナーであるプリツカー一族が運営する財団が贈るもので、 「建築界のノーベル賞」とも称される世界的な賞です。優れた建築家に対して贈られ、原則として毎年一名が受賞します。 山本氏の受賞は日本人建築家として9人目となる快挙です。 過去の日本人受賞者は丹下健三氏にはじまり 槇文彦氏、安藤忠雄氏、妹島和世氏・西沢立衛氏、伊東豊雄氏、坂茂氏、磯崎新氏の8名です。 建築を知らない人でも安藤忠雄氏、丹下健三氏の名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。 山本理顕氏の建築にあまり詳しくないので、調べてみたところ、 やはり、東京や横浜での作品がほとんどで、東海地方では静岡県沼津市にある東京ウエルズテクニカルセンターと名古屋市の名古屋造形大学のみでした。 私が過去に見たことのある山本氏の作品は横浜緑園都市くらい。 あっ、あれ、山本理顕氏だったのか。 かれこれ30年ほど前、まだ学生だった頃に建築雑誌に掲載された緑園都市に「うわぁー」となったのを覚えています。 いざ、見に行かん!と電車を乗り継いで行きました。 緑園都市駅前の坂道に山本氏の設計した建物がズラリと並んでいました。 まだ、当時建設中の建物もある緑園都市は、入居住民・店舗も少なかったから、静かな印象でした。 山本氏の全体計画のとして、 「建物の中を通過して隣の建物に接続できるような通り抜けの道を建物の中につくる」 というひとつの条件だけがあったそうで、実際に行ってみると、 Aの建物から入ったのにBの建物で2階に上がり、そこから通り抜けてCの建物からでるという感じで、 それが迷宮のようで、とてもワクワクしたのを覚えています。 Wikipediaを見るとせっかく設計しコンペで受賞したのにも関わらず町長や市長の交代により建築に至らなかった建物が3棟もあるようです。 更には名古屋造形大学の学長時代、キャンパスの設計を手掛けたものの、建築途中で裁判、学長を解任され、 完成した新キャンパスに設計士でありながら立ち入ることができない、設計料が支払われないという事態に。 設計にあたって、敷地を理解するのは当然のことで、環境やその土地の歴史など様々なことを調べたうえで設計にあたり、 その建物がいかに人々の生活に寄り添うかを考えて、血反吐を吐く思いで計画にあたるでしょうに、 それが形にならず、裁判などで設計への時間が割かれるなんて、なんだか不遇の方だなと思いました。 今回のプリツカー賞の受賞は、報われた!という感じ、心からおめでとうございますと言いたいです。
三重の旅
2024年5月9日(木)

三重の旅

このゴールデンウィーク後半に友人と日帰り旅に行ってきました。 ゴールデンウイークに入るとすぐに、あそこで渋滞、あそこで行列というニュースばかり。 しかも三重県はお伊勢参りの渋滞がすごいらしい。 ゴールデンウイーク期間中はどこも混雑なのは百も承知。 目的地は桑名市に設定。 ダイジョブでしょ。   目的地その1:六華苑。 六華苑は以前にも行ったことがあるのですが、ジョサイア・コンドル設計の洋館+和風住宅をもう一度見たかった。 (当時の模様はこちらのブログから) 大河ドラマ「いだてん」や映画「私の幸せな結婚」のロケ地として、ミーハーな目でもう一度見学。 スカイブルーの4階建ての塔が清々しく、2階にサンルームを配した間取りは当時の洋館の特徴でしょうか。 しかし明治時代から昭和初期にかけてのお金持ちの財力ってハンパない。 鹿鳴館の設計士ジョサイア・コンドルに依頼するとは、財力なのか、人望なのか。 2代目諸戸清六氏の新居なのですが、この普請を行ったのが2代目が23歳の時、25歳で完成。 こんな大邸宅を持つには若すぎない?   目的地その2:諸戸氏庭園 六華苑に隣接する諸戸氏庭園。 六華苑の池泉回遊式庭園を回っていると、こちらの諸戸氏庭園がちらりと見えてきて、気になる存在。 春と秋の期間限定公開時にぜひ見るべき庭園です。 以前に六華苑を訪れた時は、公開しておらず、ベールに包まれた庭園を今回は見ることができました。 初代諸戸清六が豪商山田彦左衛門の隠居所を買い取り、増改築を行った庭園。 藤の花が美しく咲いており、もうすぐ菖蒲が咲くようです。 花を楽しむ女性的な雰囲気の一方で、石を配置した力強い印象もあり、立派で贅沢で美しい庭でした。 庭園内にある建物も洋館があったり、茶室があったり、来客時宴会用の広い広間があったりと気になるものばかりなのですが、 室内の公開はしていないのが、何とも残念。   目的地その3:行基寺 こちらは桑名市のお隣の岐阜県海津市にあるお寺です。 以前NHKの番組「ぶらタモリ」でタモさんが訪れていたので行ってみたかったお寺。 対向車が来たらすれ違えないような細い山道を登り到着したそこは、ゴールデンウィークとは無縁の静かな世界でした。 長良川、揖斐川を見下ろし、濃尾平野を一望し、はるかに名古屋のスカイスクレイパー。 松平家の菩提寺として1705年に現在の姿に改築されました。 以降明治維新までの160年間は庶民の参詣は禁止されていたのに、現代では葵の御紋の入った調度品などまで見学できるのはありがたいことです。 興味のある方!ぜひ一度行ってみてください。   3カ所を訪れ、途中ベトナム料理とケーキでティータイムを挟みました どこも行列知らず、渋滞知らず、しかも転機は良好で、いろいろ楽しめた旅でした。