スタッフブログ

足立 愛子
山県市 バルコニー改修工事
2019年11月21日(木)

寒くなってきました。

手がかじかんでキーボードをうまくタイピングできませんが、頑張って書きます。

 

先日防水工事を終え、サイディング工事を開始しました。

ただ張るだけではありません。

直貼りであった外壁を、通気層を設けたうえでサイディングを張ります。

 

まずは水切りを設置します。

バルコニー外側なので、「オーバーハング」と言います。

内部にも水切りをつけます。

そのうえで、あらかじめ仮止めしてあった防水紙を張り、内部へ雨水浸入しないようにします。

 

通気部分となる胴縁を施工します。

胴縁にサイディングを打ち付けていくため、サイディングと防水紙の間に胴縁の厚み分の隙間が確保されます。

これにより、万が一雨水が浸入したとしても、雨水は隙間を通り、下部の水切りへ排出できます。

 

次にサイディングを張っていきます。

サイディングは上部にも張り、バルコニーの手すり壁全体を覆うようにします。

そのうえで、シーリングを打設して、内部には極力雨水が入らないようにしています。

シーリング打設後は、塗装工事を行い、笠木を設置しました。

これで、バルコニーの改修工事は完了です。

平田 京子
リニューアルオープンです。
2019年11月21日(木)

こんにちは。
文化の秋、です。
岐阜県立美術館が11/3にリニューアルオープンしました。
先週末、遊びに行ってきました。

なんと太っ腹、年内は入館料が無料です。

只今展示中の「ETERNAL IDOL展」を中心に見てきました。
県美所蔵の作品を中心に構成されているこちらの展示、
ルドン、ロダン、ゴーギャン、ムンクなどの海外の有名どころから、
熊谷守一、藤田嗣治、関市民にはお馴染みの篠田桃紅の迫力のある作品も。

藤田嗣治が奥様に送ったとされる
小さな額縁に入ったかわいらしい絵も4点ありましたよ。
額縁も藤田の手作りだそうで、デコボコしてかわいらしかったです。

他の企画展でもおもしろいものがやっていました。
『イメージする力、生きる力 ある日の「美術と教育」の出来事』
というテーマで、
県内の小中学生の作品がずらりと並んでいました。
気に入ったものをパシャリと。


子どもの絵っていいですね、
ゆっくりした線も、急いだ線も、それぞれ素敵です。
一生懸命なまなざしと不器用に動く小さな手を想像すると
にっこりしてしまいますね。


最後、「みなさんのイメージの源はなんですか?」という問いかけと、
用紙と、ずらりと色鉛筆が。ああ、いい。この光景。
漠然とした問いかけですが、深く考えずに楽しみましょう。
描いたら、展示スペースがあるので自由に貼りましょう。

日々、目の前のいろんなことにせかされて生きていますが、
そんな中で、立ち止まっていつも考えないことを考えてみると
楽しいと思います。