スタッフブログ

足立 愛子
フィッシング詐欺にご注意を
2019年6月20日(木)

何か月か前に佐川急便を騙る詐欺があるというブログを書きました。

>> 謎のショートメール

怪しいことに気付きにくかったのですが、なんとか私はセーフでした。

 

今回はグーグルクロームを騙る詐欺の注意を。

皆さん、ブラウザは何を使っていますか?

そう、ホームページを閲覧するのに使っているソフトの事です。

windows(ウィンドウズ)なら Edge(エッジ)、InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)、GoogleChrome(グーグルクローム)、FireFox(ファイヤーフォックス)など。

mac(マック)やi-phon(アイフォン)ならsaari(サファリ)などもあります。

あまりブラウザ意識せず検索に使用しているかたは、パソコンの購入時に始めから入っているものを使用されていると思います。

 

私は会社でも自宅でもGoogleChromeを使用しています。

今回これで詐欺にあいかけました。

検索を行おうとGoogleChromeをダブルクリック。

よしはじめようと思ったら、「Chromeユーザの皆様」と別画面が自動で開いたので、

何かなと思い読み進めると「ラッキーです。i-phonXが当る」という内容でした。

(上記画像はhttps://kurashi-note00.com/archives/17407からお借りしました)

もうOKをクリックするしかなく(×ボタンが無いので)、OKをクリックすると

当たるのでなく100円くらいで買えるよ、といった感じでした。

すでに閉鎖されているので確認できませんが。

これは怪しいと思いここでストップしましたが、

「Google iphon当たる」で検索したら、出るわ出るわ詐欺詐欺詐欺の熟語。

どうやら、カード情報を盗み取る手口なんだそう。

もし「やった!100円なら」と進んでいたら、カード情報入力画面になって、まんまと情報流出でした。

 

そういえばしばらく前に

「最新i-phonを100円で購入できます。

今から3分以内に手続しないとその権利は失効しますよ」

「はい、あと1分ですよ」

というメールが送られてきたことがあったことを思い出しました。

i-phonの色やら型を選んだあとは「ハイ、カード情報ね」って感じでした。

その時は、そこまで進みましたが、「あと1分でカード情報は入力できない!」と焦ったものの、

「あれそもそもGoogleがi-phonプレゼントっておかしくない!?GoogleならAndoroidでしょ!」と直前で気づきました。

 

上手い話には必ず裏がある。

皆さんもお気を付け下さい。

タダより怖いものは無いといいますが、タダじゃないけど怖いお話しでした。

 

平田 京子
生活はつづく
2019年6月20日(木)

こんにちは。

みなさん、朝ドラ(NHK)は、見る派ですか?
俳優の皆さん、口をそろえて「朝ドラに出ると家族、
親戚の反応が違う」とかおっしゃいますね。
絶大な影響力がある朝ドラに絶賛主演中の広瀬すずちゃん。
とってもかわいくて大好きです。

先日、彼女の出てる映画を見まして、
とても面白かったので紹介します。
「SUNNY」

(画像、お借りしました。https://eiga.com/movie/87919/)

篠原涼子さん主演、彼女の高校生の時の役として広瀬すずちゃんが出演。
舞台は1990年代、たぶん東京。
いわゆる「コギャル」ブーム真っただ中で青春を送った女の子たちが、
約20年の時を経て、ある願いをかなえるために再び集まる、というストーリーです。

懐かしい曲を背景に当時の空気を真空パックしたかのように
再現していてとても興味深かったです。
出演している女子高生たちは今の子たちのはずなのに、
動きも話し方も何もかも当時のまんま。
ああ、こうゆう子、いたなあ、、、と懐かしくなりました。

学生時代はそれほど差異なく生活していた彼女たちも、
それぞれ大人になっていろんな生活を送っているという現実。
それぞれの人生があり、良いも悪いもなく、とにかく人生は続いていく、
若い時は過ぎ去っても、前を向いて頑張っていこうよ、
というメッセージに聞こえました。

やたらと昔を懐かしがるわけでもなく、黒歴史として消してしまうわけでもなく、
当時の自分たちも認めて、今、大人になって更に前進していく、
そんな時に力をくれるような映画だと思います。

形なきものを形にして成仏させる天才、川村元気さんの企画です。
陰陽師かシャーマンか、と思うような、さすがのお仕事です。

広瀬すずちゃんの振り切れた演技を見るだけでも価値のある映画ですよ~。