現場ブログ

藤井 泰魁
屋根(カラーベスト)下塗り~上塗り
2020年10月27日(火)

本日は初めての屋根(カラーベスト)の塗装をしました。

折板や瓦棒の塗装は何回か施工したことはありましたが

カラーベストは初めてでした。

まず下塗りを行いました。

かなり劣化していたので下地強化のため下塗りを2回行いました。

下塗りに使用した材料はファイン浸透シーラーと

サーモテクシーラーを使用しました。

まずファイン浸透シーラーで下塗りをして

カラーベストによく染み込ませます。

次にサーモテックシーラーで下塗り2回目を行いました。

ファイン浸透シーラーでよく染み込ませた後にまた

サーモテックシーラーで染み込ませます。

そうすることにより上塗り材との密着効果が上がるだけでなく

上塗り材が下地に染み込んでこないようにして

上塗り材の能力を充分に発揮させるためです。

またサーモテックシーラー自体に遮熱機能があり

上塗り材と併用し遮熱効果を上げることもできるのです。

そして上塗りを行うのですが

その前にタスペーサーというものを

段差部分に差し込みます。縁切り工事です。

なぜタスペーサーを使用するのか

それは雨漏りを防ぐためです。

雨水の通り道が必要なのですが

タスペーサーを使用せず塗装をしてしまうと

カラーベストの段差になっている上の素材と下の素材がくっついてしまい

雨水の逃げ場がなくなりこれが雨漏りの原因となってしまいます。

なのでタスペーサーを使用しました。

タスペーサーをすべて差し込み終わった後

上塗り開始です!

上塗りに使用した材料は超低汚染リファイン500mfです。

この材料はかなり良い材料だと思います。

なぜかというと高耐候性や遮熱性が優れているだけでなく

汚れが付きにくいというのがあります。

高耐候性や遮熱性が良いだけでもいいかもしれませんが

そこに加わる汚れが付きにくい…つまり美観保護

外観を長い期間綺麗なままを保つことができるのです。

なぜかというとこの塗料の中には無機成分が入っており

その無機成分は親水性を持ち付着した汚れも落としてくれるからです。

この材料は何回か使用したことがあり

性質などは理解していたので塗装する際に

塗り残しがないように段差部分の隙間や

隙間の奥の素材や素材と素材の間の隙間も一ハケ入れてから

たっぷり垂れない程度で塗装を行いました。

表記してある塗布量で施工しないと

施工不良や材料の能力がしっかり発揮されないので

どの材料を使用しても塗布量は気にしていないと

いけないと思います。

より良いものをお客様に提供して

喜んでいただきたいので

精一杯頑張っていきます。

藤井 泰魁
壁 上塗り サイディング
2020年10月24日(土)

本日は壁、サイディングの上塗りを行いました。

サイディングは縦で配って横で均す手順でやっていますが

塗布量が多すぎると後で垂れてくるのでしっかり均すことが

大事なので心掛けてやっています。

サイディングにはサネがあるのでそれが見えていると

見た目が悪く見えるのでそこを

しっかり塗料で埋めることも意識しています。

ローラーで転がすことに慣れてきたので

作業ひとつひとつに意味を持ってやっていきたいです。

 

足立 愛子
シーリングよもやま話
2020年10月22日(木)

外壁塗装工事でシーリングが多く使われているのが窯業系サイディングです。

窯業系サイディングは日本で一番多く使用されている外壁材です。

シェアは約80%と言われています。

この窯業系サイディングは455×3030の規格のサイディング板を張っていくため、どうしてもつなぎ目(「目地」と呼びます)が出来てしまいます。

近年のサイディング材ではこうした目地が出ないよう工夫された商品もありますが、

多くのサイディング材ではメーカーや規格によりますが多かれ少なかれ目地ができます。

この10ミリ程度の目地から水が浸入しないようにするために大切なものが「シーリング」です。

サッシ廻りなど、水の浸入の恐れのある部分には、「シーリング」が施工されていますが、半固形とでもいうべきでしょうか、

ゴムのような柔らかい状態で、サイディング材の伸縮に追従して雨水の浸入を長期にわたり防ぎます。

ただし、外壁材同様永久的な製品ではないため、年数が経つとひび割れや破断などの劣化が見られるようになります。

なので外壁塗装工事の際には目地部分のシーリングは撤去を行い、新しいシーリングを充填する「打ち替え」を行うことをお薦めします。

シーリングは打設幅に対して必要な厚みが決められています。

メーカーに寄りますが10mm幅に対して最低でも5mm以上の厚みが必要です。

言い換えれば5mm以上の厚みを確保できるように打設箇所の調整をしましょうね、ということ。

なのでサッシ廻りは撤去を行わず、5mm以上の厚みを取って充填・均しを行う「増し打ち」で可能なことがほとんどです。

外壁塗装の際は目地シーリングの「打ち替え」とサッシ廻りの「増し打ち」を確認するようにしましょう。

シーリング材はシリコーンシーリングやウレタンシーリングなど種類が様々ありますが、塗料と相性の良いのは「変性シリコンシーリング」です。

話は飛びますが塗装後数年で「ブリード現象」という現象が起こることがあります。

「ブリード現象」とはシーリング材に含まれる可塑剤(かそざい)という成分が塗料の表面ににじみ出る現象のことです。

この可塑剤は油のようなベタついた成分のため、雨などで流れ落ちることもなく、ホコリ等を吸着して外壁が汚れます。

こうした「ブリード現象」を防ぐためにノンブリードタイプのシーリング材を使用することが大切です。

 

ちなみにシーリングとコーキングですが

シーリング=sealing=密閉する

コーキング=caulking=詰め物をする

と英語から考えると意味は異なりますが、工事においては単なる言い方の違いで同じものを指しています。

もう一つちなみに天井のシーリングライトのシーリングはceiling=天井の意味です。

 

まだまだ話は尽きませんがこの辺で。

石井 悟
関市 カラーベスト塗装/S様邸/石井
2020年10月15日(木)

カラーベストの屋根です。
高圧洗浄できれいにしたら、棟板金部分にさび止め塗装、上塗りをします。
カラーベストの部分は、下塗りを終えたらタスペーサーを差し込んで雨漏り防止の対策をし、上塗りを2回して完成です。

土士田 玲哉
壁の上塗り作業
2020年10月14日(水)

本日は、壁の上塗りを行いました。

壁の上塗りとは、壁の下塗りを行った次に行う作業の事です

壁の上塗りは、塗装工事の中で一番大切な作業です。

どこが大切な作業か言うと、ローラーで塗った時にローラーの耳を出してはいけないし、

塗料を沢山つけすぎて壁の目地部分から塗料が垂れてくる事があるので塗料をつけすぎては、

いけないし、塗料によっては塗りムラが出てしまう塗料があるので出ないように塗る事があるので、

壁の上塗り作業は、たくさん気をつけることがあり本当に大切な作業なのです。

上塗りの塗り方としては、塗料を付けて最初は、縦で塗料を配って、配った後にローラーを横にして、

転がして塗料を均等にしてから、また縦にしてローラーを転がし、ならします。

 

 

藤井 泰魁
壁の下塗り~上塗り
2020年10月13日(火)

今回は壁の下塗りと上塗りについて学ぶことがありました!

上塗り塗料がチャコール(3分艶)で下塗り塗料が白でした。

今回の現場の壁が聚楽壁のようなものでした。

下塗りに使用したものがエポプレミアムシーラープライマーJYです。

この下塗り塗料は壁に吹き付けしてある砂を固めるために使用します。

用途が分かったうえで塗装を行いましたがあまりにも吸い過ぎて見た目が

悪く塗りムラのような感じになってしまったので

ムラをしっかりきるように縦、横と均しました。

ムラがある状態で上塗りをいれるともしかしたら上塗りもそのまま

塗りムラのようなものが出てしまうかもしれないと思いました。

先の事を考えると下塗りで下地を調整しておかないといけないと

改めて実感しました。

下塗りをしっかり行った結果、下地調整に2日かかりました。

かなり大変でしたが見た目もよくできたので

頑張ったかいがありました!

下塗りが完成したあと次は上塗です。

壁にこんな暗い色を使用したのは入社してからは初めて

だったのでとても神経を使いました。

以前は付帯に使用することが多いチャコール(3分艶)で

継ぎ目が出やすいことはわかっていたのですが

壁に塗るとなると継ぎ目を出さないように塗るのが

一気に難しくなりました。

サントウ板なので一人で上から下まで通すことができないため

上と下に分かれて通すようにしました。

ただ通すだけだと継ぎ目が出てしまいます。

日差しがあり気温も少し高かったため

塗料の乾きが早かったです。

乾きが早いと塗りにくいのもありますが

乾き始めてるところを触ってしまうと

見た目でその部分だけが光って見えてしまいます。

そのためまずたっぷり塗料をつけ均等に配り

横で均して縦で整えるようにしました。

ただ今回は継ぎ目が出ないように上から下へ

通す作業が必要なのでタイミングよく塗り

ソフトタッチで上から下へ通しました。

上塗り1回目が終わって塗り終えたところを

見てみると少しムラのようなものがあったり

透けているところもありました。

上塗り2回目で仕上げなので上塗り1回目よりも

多く塗料をつけ丁寧に均等になるように行いました。

その結果しっかり厚みが付き、見た目がよく

仕上がることができました。

今回は初めての事でいつもより神経をつかって

より丁寧な作業で行いました。

暗い色はこりごり…。なんて言ってられません!

お客様が選んだ色なのでその色で仕上げるのが

僕たちの仕事なのでしっかりとこなしていきます!

良い体験すぎて疲れましたが

成長と考えるとまだまだだなと思うので

色んな事に挑戦して知識とともに

技術も磨いていきます!

塗装はやっぱり楽しい!

土士田 玲哉
壁の下塗り
2020年10月9日(金)

今日は壁の下塗りを行いました。

壁の下塗りに使用した塗料は、エポパワーシラーという塗料です。

エポパワーシラーとは、主にコンクリート、モルタル、窯業系サイディングの壁に仕様する塗料です。

下塗りは、塗膜と下地の密着を良くします。

その下塗りをしないと上塗りを行った時に上塗りがしっかりと壁と密着しなくて仕上がった時に

剝がれてきてしまうことがあるので下塗りは施工をする中で大切な作業です。

その下塗りを行った時気をつけることは、下塗りを塗る時にローラーとローラーが入らないところに

使うハケを使い塗装を行います。

主にローラーで塗るのでローラーを転がす際には、塗り残しが無いように塗り壁の目地部分のにもしっかり下塗りを

入れ塗装を行います。

ローラーに下塗りをつけすぎて塗った時に垂らさないように行い垂れない程度でたっぷりと塗ることが大切です。

下塗りにも、色んな種類があり一つ一つ違ってくることがあるので一つ一つの塗り方とか

性質などを理解して塗装をすることも大切な事です。

土士田 玲哉
軒天塗装
2020年10月9日(金)

今日は軒天塗装を行いました。

軒天塗装には、ケンエースを使い塗装をしました。

軒天塗装をするにあたって気を付ける事と注意して塗った事は、

まず気をつけることは

軒天をローラーで転がすと軒天は結構ネタがパラパラ降ってきてしまうので

他の物などの養生をしないと他の物を汚してしまうので、そうゆうことなどを気をつけて塗るようにしました。

次に注意することは、ローラーで塗るとミミがどうしてもでてしまうのでそれを注意して塗りました。

藤井 泰魁
住宅、屋根、壁洗浄
2020年10月8日(木)

本日は壁、屋根(カラーベスト)の洗浄を行いました。

カラーベストの洗浄は2回目なのですが

以前行ったものよりも劣化していました。

いざやってみると汚れがかなり落ちて綺麗になっていると

思っていましたがよく見てみるとコケや藻がとれていなく

近すぎず遠すぎコケや藻が取れる程度で洗いました。

まだ注意することがありました…。

洗いすぎると白い毛のようなものが出てきます。

これがやっかいなことを知りました。

この白い毛のようなものをしっかり洗い流さないと

乾いた後にとれない汚れになってしまうので

メッシュシートやアンチ、壁白い毛が残らないように

しっかり洗い流しました。

壁はサイディングでチョーキングしていたので

しっかり洗い落とし洗い残しがないように

壁と垂直になるようにガンを持ち洗いました。

少しずつできることを増やして知識を付けていきたいです。

石井 悟
関市 壁の上塗り/S様邸/石井
2020年10月6日(火)

エポキシシーラーで下塗りし、乾いた後に「超低汚染リファイン1000」で上塗りを2回します。

石井 悟
関市 高圧洗浄/S様邸/石井
2020年10月1日(木)

カラーベストの屋根の高圧洗浄です。
塗装前にしっかりきれいにします。
苔や汚れだけでなく古い塗膜も落として塗料の密着を良くします。