現場ブログ

平野 建吾
シーリングは大事です。
2020年3月2日(月)

まだまだ寒い日が続きますね(;^_^A

毎朝、指先がかじかんで動かない事が多く、大変です。

今回はシーリングの重要性を申し上げたいと思います。

なぜこのようなブログを書いたかと言うと、私のマイホームが築3年半でシーリングが切れているからです。

丁寧に下地処理を行います。塗りムラなく。

シーリング材をしっかり充填してます。

きっちりとムラなく、ならします。

職人さんの丁寧さには、感動すら覚えます。

シーリングは壁内部への浸水や壁の吸水を防いでくれます。

壁は吸水する事で、膨らみ、乾燥する事で収縮します。これは壁の破損に繋がっていきます。

シーリングは、外壁の用心棒的な存在です。軽視される方々も往々に居ますが、非常に重要な部分です。

うちの家もこの職人さん達に施工して欲しかったと心より思います。

きっといい加減に下地処理して、充填したのでしょう(´;ω;`)ウゥゥ

施工会社の良心的な対応を切に願います。

皆様も御自宅のシーリングを一度御確認下さい。

それでは、失礼致します。

 

採用特設サイト

https://miwa-recruit.com/