現場ブログ

平野 建吾
シーリング打設工事。
2020年2月5日(水)

本日は、清々しい晴天です。

雨男の本領は真逆に効果をもたらしました(^^♪

さて、本日はシーリング材を目地へ塗布する作業です。

シーリング材は塗布するのものと、塗布前に塗るプライマーが御座います。

プライマーとは、下地処理時に多く使われるもので、塗布材と下地との間に塗布することで、接着効果を高めてくれるもので、塗装作業には欠かすことの出来ない処理です。

今回使うシーリング材は、アステックシール2000です。

上:プライマー

下:シーリング材

まずは、既存のシーリング除去の状態確認。

非常にキレイに、除去されていました。

それでは、下地処理のプライマーを塗って行きます。

プライマーは液体なので、写真のように小さいハケを使用して、目地に塗って行きます。

プライマーの乾燥が終わりましたので、いざシーリング材の打設です。

シーリング材の蓋を開けて、かき混ぜます。

その後、専用の機材(市販で売ってるシリコンガンみたいなもの)にシーリング材を注入します。

ガンにシーリング材を注入出来たら、いよいよ打設です。

目地に向かって、注入開始、トリガーを引きながら、注入していきます。

シーリング材注入が終わったら、ならし作業です。

注入したシーリング材を目地に均等に入り込む様に、専用ヘラを使用してならしていきます。

はみ出した部分を、キレイに取り除きます。

キレイにシーリング材が、目地に注入されました。

少しずつですが、工程を理解しております。急がば回れです。

一つずつ目で見て、説明を聞いて理解する。

説明してくれた、協力業者様も丁寧に説明してくれたので非常に分かり易く、助かりました。

明日も頑張ります( ´∀`)bグッ!