代表 三輪雄彦ブログ 不易流行

天国から地獄そして生還した話(笑
2023年11月11日(土)

天国から地獄そして生還した話(笑

先週の日曜日のこと 午前中は親友夫婦とうちと4人で山登りして汗を流し 夜は再度集まって行きつけのお寿司屋さんで会食という素晴らしい休日を過ごしました!   っが   一転深夜、激しい腹痛と嘔吐、下痢、全身の激しいかゆみがありたまらず急患に行った時の騒動話です あらすじ的には寿司屋で食べたものの中にアニサキスがいたようで・・・と思っていましたが 実際はアニサキスではなかった~という話ですがこのまま読み進めて下さると幸い😓   仲間と馴染みの寿司やで楽しく会食 よく伺うお店、味に定評もある人気店です。 お料理も美味しくお酒も進み楽しく会話も進みました。   21時、お開きし帰宅 22時、お風呂も入ってソファーで寝そべっていると異変が・・・ 徐々に激しくなる腹痛、そして嘔吐、下痢、全身の激しいかゆみが・・・明らかにヤバい ごく短時間で一気に「来た~」って感じでたまらず急患へ・・・   病院に到着 幸い他に誰もいない状況! ラッキーかも・・・こっちはかなり状況が深刻になってきた(汗 しかしこっちは具合悪いのにいろいろ書類を書かされ(当たり前ですけど) ごく短時間だったと思いますが超長く感じました。 長椅子で寝そべってうなって待つこと10分・・・くらいだったか? 程なく呼ばれ 先ずは宿直医の診断。若い女医さんがいろいろ問診 「寿司食べて、返って気持ち悪くて、とにかくかゆみがひどいんです」 と訴えると、即点滴をして下さった。 先生曰く「アニサキスかな~? カメラの準備もしますね」 点滴しだしてまもなくかゆみは治まったが点滴中、何度も嘔吐と下痢でトイレを行き来する トイレに座って居るだけで下からはダダ漏れ・・・みたいな   午前3時半 胃カメラ担当の先生が、 岐阜の方から来て下さったと言うことで処置室へ(夜分にすみません) 眠り薬での処置をお願いする どのくらいカメラを呑んで居たのかわかりませんが 結局アニサキスは探し出すことが出来なかったと・・・ 「だから居なかった!と言う訳ではないので・・・」と伺った。 その8時頃まで寝かして頂き、お迎えで帰宅。   帰り際「なんかあったら来て下さいね」とのことででしたが、 返って2時間ほどで、なんかあった!! 帰宅して寝てたら朝10時頃にまた激しいかゆみがぶり返す 16時まで我慢の末、主治医のところに駆け込み、またもや点滴して頂き 体調もかなり戻りましたがヘロヘロで就寝 朝まで起きること無くぐっすりでした。   翌日以降ぐぐっと体調ももどり、水曜には万全となりました。 但し酒はNG 激しい運動、トレーニングNG、熱い風呂NG という事でこれまで大人しくしております。     症状的にはアニサキスによるアレルギー反応だったと思いますが、 胃カメラではアニサキスは見つかって無く、たぶんアニサキスも含めた食物アレルギーの アナフィラキシーショックだったようです。   後の検査結果、僕はアニサキスは死骸とか破片とかが入ってもショックが出るとか・・・怖   「アナフィラキシーショックは複数の症状が全身性にあらわれて生命に危機を与え得る過敏反応」 と定義されていることから、たいした事無かった!と言うわけではない感じです。   全身のじんましん、激しいかゆみ、下痢、嘔吐、倦怠感とかなりハードに出ましたが 今までもずっと食べて来たモノばかりで何がどうしてと困惑 疲れていたのか?はたまた加齢で体質が変わったのか?   かといって恐れて食べないのも寂しいので、ほとぼりが冷めたら元に戻そうと思います。 ビビって食べない!なんて必要はないと思いますが皆さんも気をつけて下さい。   天国から地獄そして生還した話でした(笑